LINEで送る
Pocket

四、ロシア人部隊の任務――通訳・翻訳・教師・偵察――

 では、彼ら俄羅斯佐領のロシア人旗人たちは清朝のためにどのような任務を遂行していたのだろうか。八旗制度下での通常の兵役・課役以外では、主にロシア語通訳・翻訳者・教師や外交官、戦時における偵察・工作などがあげられよう。本章では主に柳沢明氏の研究(1)に基づいてロシア人たちのこうした任務について述べていきたい。
 17世紀後半以降、清とロシアの紛争やそれに伴う外交事務の増加により、通訳・翻訳者の必要性が次第に増大してきた。
 そこで、初めは主に前述のウルスラノフとその子羅多渾・イヴァンらの俄羅斯佐領内のロシア人が通訳・翻訳者、さらには外交官としてロシアとの交渉に当たっていた。

 

 だが、ネルチンスク条約締結で紛争が終結したことにより、佐領への新たなロシア人の編入が止まり、その後北京で生まれ育った二世が多数を占めるようになると、十分なロシア語能力をもつ人材が不足しはじめた。だが一方でジューン=ガル部との緊張状態が続く中、その背後に位置するロシアとの交渉がますます重要となってきた。
 そこで、康熙四十七年(1708)三月二十四日に、康熙帝の肝いりにより内閣直轄のロシア語学校「内閣俄羅斯文館」が設立された。この学校では主にロシア系(俄羅斯佐領)の人間やロシア人留学生が教師を担当し、ロシア語通訳・翻訳者の養成や外交文書の翻訳に当たることとなった。教師の任命、学生の募集、設立当初の管理は前述の内閣大学士馬斉(マチ)が中心となって行った(2)。当時俄羅斯佐領を管理していたのは他ならぬ彼であった。柳沢氏が引用する中国第一歴史檔案館の内閣全宗満文俄羅斯檔案の「俄羅斯文館檔」に収録された、康熙四十七年七月三日付の馬斉の上奏には 

「わが佐領に併せたロチャ(loca)の中で、ロシア文を解するものがいる。彼らを派出して学生を教える件につき、旨を請う」(柳沢氏訳、ロチャ(羅刹)はロシア人の意)

とあり、当時の俄羅斯佐領の管理者が馬斉であったことがわかる(3)

  俄羅斯文館は当初、内閣大学士(馬斉)――蒙古房侍読学士――中書(文館常駐)というラインで管理されていた(4)

 後代の史料ではあるが『明清史料』(5)庚編第八本所収の「俄羅斯文館考試事例」には

康熙四十七年、奉旨設立俄羅斯文館、承辦繙譯俄羅斯往還案件文書、隷内閣理藩院管轄、由内閣理藩院派員管理館務、在八旗滿洲蒙古漢軍内共挑取學生二十四名、毎月各支領飯錢弐串、在館食飯、用度、仍給与馬甲錢糧、幫助讀書行走。

 

康熙四十七年、旨を奉じ俄羅斯文館を設立し、俄羅斯の往還せる案件文書を繙譯するを承辦す、内閣、理藩院の管轄に隷し、内閣、理藩院由(よ)り員を派し館務を管理せしむ。八旗滿洲、蒙古、漢軍の内に在りて共に學生二十四名を挑取し、毎月各(おのおの)飯錢弐串を支領し、館に在りての食飯、用度には、仍(な)ほ馬甲の錢糧を給与し、讀書行走を幫助す。

とあり、この史料によれば、後には理藩院の管轄下にも組み入れられたようである。 そこからは、当時の清朝の俄羅斯文館への力の入れ具合が読み取れる。  以下、その構成について述べる。   

 まず、教師は俄羅斯佐領のロシア人クシマ(Kusima 庫錫瑪)やイヴァン(Ifan 伊番 )・ヤゴー(Yag‘oo 雅槁)らが担当したが、彼らは北京で生まれ育った二世であり、ロシア語能力は十分とはいえなかった。
 前述の「俄羅斯文館檔」に収録された康熙五十年三月の彼らの上奏(6)には

私kusimaらは、京城で生まれた子供である。以前、ロシアの文書が届いた時は、皆古い年老いたロシア人に尋ねて翻訳していた。今、古い年老いたロシア人は次々と亡くなった。ロシアの事は、関わること重大である。もしまたロシアの文書が届いたとき、わからない言葉があって、翻訳できないことを恐れる。盛京等の地に、かつてロシア人たちがいたので、願わくは大臣方から上奏して、ロシアの文、言を善くする者を二、三人選んで、私kusimaらと共にロシア文書を翻訳し、ロシア文を教えさせてほしい。(柳沢氏訳)

とあり、大学士ウンダ(Unda 温達)が取り次いで皇帝に上奏した。これを受けて盛京・吉林・黒龍江で早速調査を開始したが、吉林・黒龍江にはすでにロシア語能力を持つものはいなかった。ただ盛京にニカン(Nikan)というロシア人がおり、読み書きはできないが会話はできるということで、都に呼び寄せられ、ロシア文の翻訳や教育に当たった(7)

 

このように十分なロシア語能力を持つロシア人は非常に少なくなってきており、以後常に人材難に悩まされることとなる。

次に、学生は八旗蒙古・漢軍の閑散旗人(官職についていない旗人)の中から募集され、理藩院などへの任官の道も開かれていた。

当初の学生数は68名であったが、あまりにも多すぎるという教師クシマらの意見(前掲の上奏と同時に上奏)により康煕五十年(1711)四月に成績優秀者24名に絞られ、その際学生への銭糧の支給や官缺(任官ポスト)授与も取り決められた(8)。

  前掲の「俄羅斯文館考試事例」には「・・・・・・八旗滿洲、蒙古、漢軍の内に在りて共に學生二十四名を挑取し、・・・・・・」と記されているが、開設当初は68名であり、また当初は満洲旗人を募集していなかったようである(9)

 

第三に、場所は当初はロシア使節団・隊商の宿泊施設「俄羅斯館」内にて開校、七月に左翼馬市場西北、大仏寺の三間の建物に移った。『日下舊聞考』(10)巻六十二、官署一によれば、紫禁城東華門外、北池街西側(11)である。  


 しかし、俄羅斯文館によるロシア語教育の成果ははかばかしくなかった。雍正二年(1724)帝が北京から黒龍江へ二名のロシア語通訳を派遣しようとしたが、北京でロシア語を通訳できるのは、俄羅斯佐領の二人だけという報告に接した。そこで、帝は試験制度の導入によって成績優秀者を任官、成績の低いものを退学させるなどして、文館学生の尻をたたこうとしたが、その成果の程はよくわからない(12)

  なお、『高宗實録』13)卷五百三十九、乾隆二十二年(1757)五月丁巳(二十七日)條には、当時の俄羅斯文館の状況が以下のように記されている。

大學士、公、傅恒等奏、學習俄羅斯文字、原為繙譯往來文移之用。康熙年間立學、設教習二人、將俄羅斯佐領下庫錫瑪、雅槁挑取、學生額二十四名。由八旗學生挑取。
後因俄羅斯佐領下、無堪充教習之人。即以官學生暫行管理。應請立定章程。五年一考。列一等者作八品。二等者作九品。教習缺出。即以考授八品官學生、奏請充補。候陞主事。以學生優劣。定教習黜陟。歸閣理藩院管理。從之。
大學士、公、傅恒等奏すらく、俄羅斯の文字を學習するは、原は繙譯、往來、文移の用の為なり。康熙年間に學を立て、教習二人を設け、俄羅斯佐領下庫錫瑪、雅槁を將て挑取し、學生の額は二十四名なり。八旗學生由り挑取す。
後(のち)俄羅斯佐領下に、教習に充つるに堪へるの人無きに因り、即ち官學生を以って暫く管理を行はしめたり。應(まさ)に請ふらくは立(た)ちどころに章程を定め、五年に一たび考し、一等に列する者を八品と作(な)し、二等の者は九品と作さん。教習に缺(けつ欠員)出づれば、即ち以て八品官學生を考授し以て、奏請し充補せん。候陞の事を主(つかさど)るは、學生の優劣を以てし、教習黜陟を定むるは、内閣、理藩院の管理に歸せんことを」、之に從(よ)れ。

※読み下し、( )内、下線は引用者、適宜改行。

 すなわち、文館設立後約五十年を経た乾隆二十二年(1757)の段階ではすでに「俄羅斯佐領下に、教習に充つるに堪へるの人無」し、すなわちすでに「俄羅斯佐領にはロシア語教師が勤まるものがいない」という状況であり、そのため「官学生」に暫定的に文館を管理させていたとのことである。柳澤氏によれば、この「官学生」とは、国子監(国立大学)に派遣され、満漢文を学んでいたロシア人留学生を指しているらしい(14)

 

そこでこのとき学生の試験制度を整備して、優秀な学生の中から教師を任用することとしたのであった。

 ちなみに乾隆二十二年は、対露交渉の重要性が増大していた時期でもある。

 二年前の乾隆二十年(1755)に清朝はジューン=ガル部の本拠地であるイリ地方を占領し、これまでの北方だけではなく、西方でもロシアの勢力圏と接することになった。
また、一度は清朝に投降・協力したジューン=ガル属下のホイト部の有力者アムルサナーが自立を図って蜂起し、敗れた後、隣接するロシアへの亡命を図り、清朝がロシアに対してアムルサナーを受け入れないよう要求していた時期でもある。同年、
アムルサナーはロシア領内に到達してすぐ天然痘により死亡するが、清朝はなおも遺体の引き渡しを要求するなど、この問題はその後しばらくの間清露関係の懸案となった。

 

 対露交渉の重要性が増大するということは、すなわち交渉を支えるロシア語通訳・翻訳者の重要性が増大するということであり、俄羅斯文館の試験制度整備はこうした情勢を踏まえたものであっただろう。

 

しかし、こうした措置にもかかわらず、以後も俄羅斯文館の出身者が翻訳実務に当たった実例はなく、嘉慶・道光年間に入ると当局の再三のてこ入れにも関わらず俄羅斯文館の衰退や学生の無能ぶりがますます目立つようになった(15)

すでにこの頃には、俄羅斯佐領のロシア人の間でもロシア語が忘れ去られていたらしい。

 

 その他、彼らの一部は東北の盛京(現、瀋陽)にも駐屯していた。乾隆『大清會典』(16) 卷一百七十四 盛京將軍所屬駐防兵制によれば、まだロシアとの紛争が続く康熙二十五年(1686)に18名の「羅察(ロシア)」兵が新たに駐屯している。これは第二章で引用した『康煕帝伝』にも言及されている。これは、ロシアとの戦いでの通訳・情報収集や各種工作を期待されてのものであろう。

 アルバジン攻防戦の際には、すでに八旗に編入されたロシア人が偵察・道案内や降伏勧告にあたり、非常に大きな効果を挙げたとのことである(17)

 

 このように、俄羅斯佐領の任務は、八旗としての通常の兵役・課役以外に、ロシア語通訳・翻訳者・教師・外交交渉、そして戦時における偵察・道案内や降伏勧告など、おおむねロシア語・ロシア人としての特性を生かす任務についていたことがわかる。

 俄羅斯佐領の旗人たちは、「旗人」とロシア人という二重の特性を持ち、旗人として皇帝の手足となりながら、ロシア語・ロシア人としての特性を生かし、対露交渉や戦争に大きく貢献したのであった。

  ………………………………………………………………………………………

(1)柳沢明「内閣俄羅斯文館の成立について」早稲田大学大学院『文学研究科紀要』別冊第16集、哲学・史学編、1989年。
(2)同上pp.78~83。
(3)同上
p.79、同論文のp.78によれば、前任の管理者羅多渾は康熙四十六年に死去したらしい。
4)同上 pp.8182。
5)『明清史料』庚編、第八本、中央研究院歴史語言研究所、1958年→中華書局、1985年。
(6)
注(1)p.80。
(7)
同上
(8)
注(1)pp.80~81
(9)柳沢氏前掲論文の注29によれば、康熙五十五年(1716)十月に、死亡した学生の代わりに満洲鑲黄旗の歳貢Fucengなるものが学生に採用されているのが、満洲旗人学生の最初の例ではないかと推定されている。
10)『日下舊聞考』北京古籍出版社、1981年。
(11)注(1)柳沢氏前掲論文の 注31ではこの説に否定的。
12)注(1)pp.8384。
13)『清實録』中華書局、198587年。
14)注(1)p.84。
15)同上。
16)乾隆『大清會典』(四庫全書本)『欽定四庫全書』上海古籍出版社、1987年。
(17)第一章のウルスラノフの事跡、および劉小萌「関於清代北京的俄羅斯人
――八旗満洲俄羅斯佐領歴史尋蹤」『清史論叢』2007年号、中国社会科学院歴史研究所明清史研究室編、 pp.367~368。

白い八旗兵――八旗俄羅斯佐領――5