LINEで送る
Pocket

昨晩、DVDであの実写版『デビルマン』を見た。
以前からネット上で散々悪評を見てきたので、今回の帰国を機会に半ば好奇心、半ば怖いもの見たさで借りてみた。
 
ううむ、噂どおりの出来!
 
とにかくストーリーが破綻しまくり、突っ込みどころ満載。画面の前で、5分に一回は「そんなやつはおらんで」とつぶやいていた気がする。特にデーモン特捜隊の戦い方がめちゃくちゃすぎ。なんで着剣してない小銃もって「銃剣突撃」するの?
 
それに、役者のせりふが完全に棒読み!高校の演劇部の方がまだましだ。あと、名台詞をねらってあれこれ工夫しているのだが、ことごとくすべりまくっていた。
 
監督の言いたいことはわかるのだが、映像では全然表現できていない。
「感動の超大作」にしたかったんだろうけどねえ。
 
(まあ、実写版「北斗の拳」よりはましだったけどね)