LINEで送る
Pocket

   正月に帰国した時に読んだ本。最近関東軍関係の本を色々読んでます。

 

 

見所は著者がロシアの膨大な公文書の山から発掘してきた、大量の写真や詳細な戦況報告、統計資料である。

なんといっても、これまで文章でしか読むことの出来なかったノモンハン事件をビジュアルで知ることが出来るのはありがたい。プラモデルの好きな人にはおすすめ。 

そして、戦況報告や統計資料からは戦争の赤裸々な真実を知ることが出来る。人員ではソ連軍が日本軍を上回る損害を出していたこと、ソ連戦車には火炎瓶よりもむしろ対空機関砲や高射砲が効果を挙げていたこと、ジューコフ将軍の登場には実はかなり政治的な意味合いがあったことなど目新しい話題も多い。

 

なかでも、自分が最も興味を持ったのは、当時のソ連軍は部隊間の連携(通信・連絡)に非常に大きな問題を抱えていたという点である。

戦場では各部隊がバラバラに戦って無用な損害や無駄な時間を費やすケースが目立ち、時には同士討ちさえ発生した。

 

二年後の独ソ戦で、ソ連軍は各部隊が有機的に連携することなく、ドイツ軍に各個撃破されていくが、ノモンハンですでにその兆しが現れていたのは興味深い。

 

負け戦から教訓を得るのも難しいが、勝ち戦から教訓を得るのはもっと難しいようだ。

 

 

『ノモンハン戦車戦―ロシアの発掘資料から検証するソ連軍対関東軍の封印された戦い 』   独ソ戦車戦シリーズ 7 

マクシム コロミーエツ (著), 小松 徳仁 (訳), 鈴木 邦宏(監修) 大日本絵画 2005.6 ISBN: 4499228883 

 

追記:記事冒頭にアマゾンの商品リンクを貼りました。また本文中テキストのリンクを削除しました。
(2015.1.22)