LINEで送る
Pocket

早上烟霭弥漫,视野不到一公里。从家里看不到北行的高楼。

 

上午我参加写作课的考试。

考试题是,句号,逗号的用法和作文“我的留学生活”(600字左右)。
可是,看了“我的留学生活”这个题目,我就觉得很难写。要写的事情太多,不能压缩到600字(6000字也不够吧)。
 
 
于是,我专门写在留学生活中最感到困难的沈阳方言,这个内容改天写在这里。
 
下午我看东北搞笑艺人的小品后睡午觉。
原来我想睡到5点,醒过来后知道现在是7点。
原本打算睡到5点,醒过来后才发现都7点了。(ぼく タバコを吸わない 阁下纠正)
因此,我放弃做晚饭,去附近的清真餐厅吃牛肉面。

 

 

 

今朝は朝もやがすごくて、視界が1キロもない。家から北行のビルが全く見えない。
 
午前中、作文(写作)のテストを受ける。
問題は、句読点の使い方と作文「私の留学生活」(600字前後)。
だが「私の留学生活」と言われても、書きたいことが多すぎてとても600字では収まらない(6000字でも足りないだろう)。
 
それで、結局留学生活で一番困った瀋陽方言に絞って書くことにした。この内容はいずれブログに再録することにする。
 
午後はテレビで東北のお笑い芸人のコントを見てから、昼寝。
五時まで寝るつもりが、目が覚めてみると7時。
それで、晩飯を自分で作るのはあきらめ、近所のイスラム食堂で牛肉ラーメンを食す。