LINEで送る
Pocket

 
中国語の罵倒語は種類が非常に豊富。
この点では日本語は中国語に遠く及ばない。
街角やネット上にあふれる罵倒語や悪態を見たり聞いたりするにつけ、その種類の豊富さには驚くばかり。何十,いや何百種類とある。
日本語の罵声ですぐに思いつくのは「アホ、バカ(野郎)、死ね、カス、ボケ、しばくぞ、おまえのかあちゃんでべそ」ぐらいなもんである。
 
それで口喧嘩が延々と続く。どんどん悪態が湧き出てきて、いつまでたってもネタが尽きない。
自分もたまに口喧嘩の現場に出くわすが、中国人の「三寸不爛之舌」には正直呆れるのを通り越して感心さえしてしまう。
 
初めて中国に来たころは私自身「中国人はホンマにはしたない連中やな」と思っていた。だが最近、はたと悟った。
これは中国人の「長所」なのだ!
 
口喧嘩からつかみあいの喧嘩に発展する時間が非常に長いし、お互いに罵り疲れていつのまにか解散ということもある。
日本だったら、口で一通り罵り合ったら、その後すぐつかみ合い、どつき合いに発展する。
暴動などは別にして、自分が見た限りでは、中国では掴み合いの喧嘩が割合少ない気がする。
 
してみると、中国語の罵り言葉が豊富なのは一種の「平和主義」なのかもしれない
 
君子动口不动手!
君子は口は動かすが、手は出さない。
 
中国の有名なことわざである。