LINEで送る
Pocket

 

陳惠運『なぜ中国人は互いに憎み合うのか』飛鳥新社 2007年8月

 

 

帰国後、ジュンク堂で中国関係の本を探しているとき本書の帯には「実は、中国人が一番嫌っているのは日本人ではありません」という文字があり、思わず手にとって立ち読み。 著者は上海出身の中国人らしい。


序文を読んでみると、中国人が一番嫌っているのは日本人でもアメリカ人でもなく、実は中国人自身であるという。


著者いわく

中華思想が根底にある中華民族は、自分が世界の中心、頂点にあり、他民族も国家も、自分に従属し、自分の部下であるとしか考えていない。しかも、この思想は中国人の自慢で、一人一人の中国人に遺伝しており、彼らはその思想をさらに発展させて、自分が中華民族の代理として世界の中心にいると考えてしまう。そのため、自分の同胞でも相手にせず、見下し嫌悪する(本書p84)


都市の人間は「田舎者」(郷下人)をさげすみ、田舎者は都市を憎み、金持ちは貧乏人を見下し、貧乏人は金持ちに復讐する。漢族は少数民族への優遇政策に不満を持ち、少数民族は漢族を嫌う。党や政府の幹部は自分を特別扱いし、庶民を見下す。庶民は党や政府を半ば見放している。農民や食品会社は自分が食べるわけではないからということで、農薬まみれの野菜や劣悪な品質の食品を出荷する。役人は国民の公僕ではなく、いまや賄賂まみれの「金持ちの公僕」。


「憤青」(日本のネットウヨみたいなもん)のネット上での書き込みも、数の上では「反日」よりも中国自身への批判や罵声の方がはるかに多い(実際その通り)。

 

そして、互いにだましあい、ののしりあい、さげすみあう。幹部や金持ちは自分だけが何をやってもいい「特別な人間」で、貧乏人の人権や命をゴミのように扱う。貧乏人は不正な手段を使ってでもなんとかのし上がろうとしたり、ひどい場合には「世の中への復讐」、つまり金持ちを襲って殺したりする。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

以下、私自身の感想を述べる

私としてはすべての中国人がそうだとは思わないし、著者の意見は中国の現状を憂うあまりやや悲観的すぎる部分もあるが、うなずける点も多い。本書に述べられていることは、私も中国で常々見たり聞いたり感じたりしていることだから。

 

三年間中国で暮していつも感じていたことなのだが、中国人や中国という国は愛国愛国と言っている割には同胞への「愛」が足りない気がする。発展の陰で、庶民の怒りが渦を巻いている。

 

自分は特別な人間で、何をやってもいい。他人の意見や権利などどうでもいい、なぜなら自分は優れた特別な人間、「正義」は自分にあるのだから。
なにやらドフトエフスキーの『罪と罰』の世界を彷彿とさせる。

これは確かに日本人に対する態度のほうがある意味まだましかも知れませんね(苦笑)


以前、ある中国の友人と食事していて、中国の反日デモ等について思わず愚痴をこぼした。その時、彼はやや自嘲気味に言った「(中国人は)自分の同胞にすら気配りできないのに、他国に気配りなんてできるわけないでしょう!」と。

彼の言葉は強く印象に残っている。
彼もまた貧しい農村出身だった。

 

なんとか、調和の取れた社会になってほしいものだが、日本人の私としてはただ「がんばってくれ」としか言えないのが残念だ。


最近の日本社会も格差問題が顕著になっており、だんだんギスギスしてきた。
この本を他山の石としたい。

 

这篇也是“小日本鬼子”的盲言,也是对中国的爱情表现,请原谅!

作为一个日本人,我实在无能为力,只好说“加油 !”两个字。

 

追記:記事冒頭にアマゾンの商品リンクを貼りました。
(2015.1.22)