LINEで送る
Pocket

年羹堯満文奏摺

 

『年羹堯奏摺專輯』上、中、下(台北 国立故宮博物院 197112月)

滿文読解の練習のため翻訳。

直訳気味で少し読みにくいかもしれませんが、できるだけ原文に忠実に訳しました。

 

凡例:

原文中の改行は / 、改葉(改ページ)は1/2(一葉目から二葉目)というように表示。

朱批は[朱批:(内容)]とした。

 

奏請厳禁売火薬給厄魯特摺(『年羹堯奏摺』(上)pp227228

雍正元年十二月二十日

 

goroki be dahabure amba jiyanggiyūn,taiboo,gung,/sycuwan,šansi dzungdu amban niyan geng yoo i gingguleme/ wesimburengge,getukeleme/wesimbure jalin.huhu noor i baita tucikeci,ba bai jafaha/ūlet fandzi sabe fonjici,ceni baitalaha tuwai okto1/2

 

撫遠大将軍、太保、公、四川、陝西総督臣年羹堯が謹んで上奏する事、明白に上奏する為にす。青海の事件が発生してから、処々の捕縛したオーロト、番子たちを尋問すると、彼らの用いた火薬は

 

1/2udu ceni dorgi weilengge majige bicibe,amba dulin/gemu dorgi baci udahannge sembi,jakan liyang jeo i bade hūlhai funde tuwai okto be udara urse be juwe/mudan jafafi,gemu fafun i gamahabi.uttu ofi,šansi/sycuwan ere juwe goro i jase bitureme bisile bade,amban bi2/3

 

彼らの内部で造ったものは少ないとはいえ、大半はみな内地から買ったものであるという。最近涼州の地で賊の代わりに火薬を買おうとしたものどもを二度捕縛して、みな法により処断したのである。それゆえ、陝西、四川、この二省の辺界に沿ってあらゆる所で、臣私が

 

2/3gemu ciralame fafulame yaya tuwai okto,cai abdaha be/huhu noor i urse de uncarangge be namubuci uthai fafun i gamambi seme fafulahabi.jyli,sansi,yūn nan ere ilan/goroi jase bitureme bisirele bade , bairengge, / enduringge ejen,hese wasimbufi,tulergi monggoso de tuwai3/4

 

みな厳しく禁令を出し、すべての火薬、茶葉を青海のものどもに売ろうとするものを捕らえたなら直ちに法により処断するという禁令を出したのである。直隷、山西、雲南、この三省の辺界に沿って、請うらくは聖主が旨を下し、外蒙古人たちに火

 

4/5okto uncara be ciralame fafularao,ūlet se tuwai okto/baharakū oci udu miyoocan bihe seme inu baitakū ombi,/erei jalin gingguleme/wesimbuhe/

[朱批:ilan goro de yooni ciralame fafulaha]/hūwaliyasun tob i sucungga aniya omšon biyai orin

 

薬を売るのを厳禁されたい。オーロトたちが火薬が手に入らないなら、たとえ鳥槍があったとしても役に立たなくなる。このために謹んで上奏した。

[朱批:三省にてひとしく厳禁した]雍正元年十二月二十日。