LINEで送る
Pocket

ニイハオ!北京:山岡版「家康」小説、ブームに 戦国ゲームきっかけ – 毎日jp(毎日新聞 2008年8月12日 東京夕刊)

http://mainichi.jp/select/world/news/20080812dde041030036000c.html

 

最近、こちら中国で山岡荘八の『徳川家康』が人気らしい。

中国AMAZONでも注文できるし、ユーザーの書評を見てもかなり評判がいいらしい。

http://www.amazon.cn/mn/detailApp?qid=1219762783&ref=SR&sr=13-3&uid=168-9759645-9988258&prodid=zjbk621365

 

大連の新華書店や大連図書城(大阪で言えばジュンク堂や紀伊国屋みたいなところ)でも、『窓際のトットちゃん』(窗边的小豆豆)や『佐賀のがばいばあちゃん』(佐贺的超级阿嬷)やら村上春樹とならんで平積みになっている。

 

どうも『信長の野望』など、日本の戦国時代ゲームの影響らしい。

04年夏に西安、漢中、上海、杭州を旅行したとき、列車の中で日本の戦国武将にやたら詳しい大学生に出会ってびっくりしたことがある。なんせ、織田、豊臣、徳川はもちろんのこと、毛利の両川(吉川元春、小早川隆景)とか立花道雪とか今川家の太原雪斎まで知ってたからなあ。

それで、「どこでそんな情報を?」って聞いてみたらやっぱり『信長の野望』だった。

 

日本の歴史上の人物の伝記が人気なのはうれしいが・・・・・・

 

徳川家康かあ~

おれは大阪人やから、心中複雑やわ (^^ゞ