LINEで送る
Pocket

検閲ソフトグリーンダム=ユースエスコート(綠壩‧花季護航)だが、6月30日夜に政府が導入の「延期」を発表して以来、何の音沙汰もなし。

やはり、このままうやむやにしてしまいたいらしい。

 

日経BPにまとめ記事(中国の新聞の翻訳)が載っていた。こちらは主に政策決定とソフト導入過程の不透明さを批判。

ネットの激流に飲まれた官製“検閲ソフト”(前編):日経ビジネスオンライン
ネットの激流に飲まれた官製“検閲ソフト”(後編):日経ビジネスオンライン

「アジアン・アイティー」のまとめ記事は秀逸、こちらはソフトの問題点とハッカー軍団について。

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:政府強制フィルタリングソフト、中国人ハッカー軍団に屈する (1/2) – ITmedia +D PC USER


このブログでもさんざん書いてきたが、問題点や疑問点が多すぎるソフトだった。政府、工信部(工業情報化省)の政策決定過程もあまりに不透明かつ唐突。周知期間も置かずにいきなり命令。ソフトはサイバーシッターの盗作で性能もダメダメ。まさに現代中国の縮図だった。

政府部内でも異論が多かったらしい。中国国内でソフトへの批判がかなりオープンに行われていたのが何よりの証拠だ。

政府の答弁を聞いても、言っていることが微妙に違っていたりした。

しかも業界内部での根回しもしていなかったらしく、導入予定一日前の6月30日の段階でも中国各大都市のPC店に並ぶパソコンでグリーンダムをプリインストールしているパソコンは皆無だった。

さらには、ネチズンからも猛烈な反発を食らったし、国外からも反対の声が上がっていた。

 

政府部内での下準備もせず、ソフト自体に問題点が多く、業界内部の根回しもせず、民意に背き、しかも外国からも反対されたのでは、導入延期(失敗)も当然だろう。

 

しっかしまあ、このソフトのどこが4000万元(約6億円)なんだか。

では、緑bar娘のイラストをご鑑賞ください。

 

 

百度_绿坝娘吧_【最全】 绿坝娘图收集贴

7708a9c77749ce3c9c163dd3

緑bar娘・反政府罪成立。

どうして?

4000万元でお仕事を依頼してくれたのに、今になってどうしてあたしを牢屋に入れるのよ?

あたしなにも悪いことしてないのに。

あんたたちなんかだいっきらいよ~!!


 

緑bar娘が導入延期となり、検索エンジンでも検索できなくなったことを風刺。

 

 

a36ea8f181a3f389a50f5222

文化大革命風緑bar娘、なんでも緑bar娘があまりにも日本風なのが気に食わん!のでこのイラストを描いたとかなんとか。でも同じ人が下のようなイラストも描いてたりしますが・・・・・・。

a37d61a028ddefad46106416

世紀末救世主伝説。北斗の拳のレイみたい。

 

3fa9db62791af2fbe7113aa5 GreendamChanDesign01

GreendamChanDesign02 5cd41a1a577e02dfaf5133a8

f755e506431a03e87a8947e1 9fd618162f07863e972b439e

8fe0430b23a02e3994ca6b8e 222af57fc6f10a1e0cd7dab6 8da72e023cd6dfaed53f7c71

 

5a6de9d22352e312970a168d

陛下、春宮図(エロい絵)をお渡しください!!!

 

明代の言官(皇帝に諫言する役目を持つ大臣)を模したもの。服装も明代のもの。

6eba5d24ccf324274d088d78

この絵はお気に入り。

76ff78ecf4a22ff72e2e2139

緑barおばさん

 

中国の居民委員会(政府と党の末端組織、日本の町内会のようなもの)の世話好きなおばさんがモデル。

(私もたまに挨拶に行ったりする。あとね、身分証更新しろって言われても困る、俺日本人だし……)

刷毛は落書きや不法な広告を消すためのもの。中国では落書きや不法な広告が町にあふれかえっており、居民委員会のおばさんやおっちゃん、道路掃除人(清潔工)がその都度消している。

・・・・・・

今回の騒動の最大の収穫は、緑bar娘、そして中国の同人文化を世に知らしめたことだろう。

1949年の建国以後、中国には政治的な文化、党の推奨する文化のみが存在してきたが、改革開放以後、特にここ5年来、非主流的、非政治的なサブカルチャーが盛んに芽吹きつつある。

緑bar娘は政府が強制的に導入しようとした検閲ソフトへの風刺に端を発しているが、同時に「ただ楽しみたいから楽しむ」という同人文化のムーブメントが一気に熱気を帯びるきっかけにもなった。

政府にも主流マスコミにも左右されない文化、同人文化が中国においても今まさに勃興しつつある。