LINEで送る
Pocket

先ほど引用した『論語』の章句、

 

子曰、不曰如之何、如之何者、吾末如之何也已矣。(『論語』巻八 衛靈公第十五)

子の曰わく、如之何(いかん)、如之何(いかん)と曰(い)わざる者は、吾(われ)如之何(いかん)ともする末(な)きのみ。

(読み下し)

先生がいわれた「『どうしようか?どうしようか?』といわないような者は、わたしにもどうしようもないよ」

 

ちなみに、満洲語訳ではこうなってます(『御製繙譯論語』巻八 衛靈公第十五 四庫全書本)

 

子曰、不曰如之何、如之何者、吾末如之何也已矣。

fudzi hendume,adarame ojoro,adarame ojoro serkū oci,bi,sehe seme ainara.

(直訳)

夫子(先生)がいうには、どうしよう、どうしようといわないようなら、わたしがいったとてどうにもならない。

 

満洲語やってる人以外にはどうでもいいことですね。