LINEで送る
Pocket

北京では翻訳会社のレクチャーと夜の食事会で、翻訳会社の方々や多くの翻訳者と交流することができ、大いに刺激を受けた。それに翻訳会社の方や翻訳者の方も、翻訳では私と同じような悩みを抱えていることを知ったことも大きかった。

北京で吸収した色々なエッセンスを今後どう生かしていくかが課題となるだろう。

 

また、レクチャーの席上で大連の翻訳会社の方にお会いした際に、その方の会社への翻訳者登録を薦められ、ちょうど翻訳会社を新規開拓しようと考えていたところなので、喜んで承諾。

 

北京ではその他、明城壁跡や前門、天安門、故宮を観光したり、友人のAmin Aguと一緒に北京西北の火器営の満洲族の文化センター(満族文化站)を訪ねたりした。これらについては旅行記として別にブログに載せるつもり。

 

3日朝に大連に戻り、休む間もなく大連の翻訳会社に提出する履歴書・職務経歴書・翻訳サンプル・翻訳実績一覧を作成。昨日登録に行くつもりだったが、3日夕方に別の翻訳会社から急ぎの翻訳案件が入ったので、今日に延期。

昨日は丸一日家で翻訳。字数は少なかったが、初めて翻訳する内容だったので予想以上に時間がかかってしまった。

 

今日午前翻訳会社に登録に赴き、履歴書・職務経歴書・翻訳サンプル・翻訳実績一覧を提出し、会社所定の登録票に記入。登録手続き終了後、大連駅前で昼食をとり帰宅。

 

午後は北京のレクチャーで頂いた名刺やメールアドレスの情報をOutlookで整理。

夕方から夜にかけて、北京で撮ったデジカメ写真をPCで分類整理。