LINEで送る
Pocket

故宮太和殿西南の弘義閣南の細長い建物(弘義閣迤南西廡)には清代の武器と武具が展示されている。
(写真は全て2009年11月2日撮影)

鳥槍(火縄銃)

乾隆御用火槍(火縄銃)
乾隆帝の猟銃、背景の絵は清代の狩猟を描いたもの。

鳥槍の火薬入れと弾丸弾丸

鳥槍の火薬入れと弾丸

神威将軍砲

神威将軍砲
康熙年間に宣教師フェルビースト(南懐仁)が造った軽量火砲。
背景の絵は、乾隆年間のジューンガル部・回部平定を描いた「準回両部平定得勝図」(リンク:京都国立博物館収蔵品データベース)。

威遠将軍砲

威遠将軍砲
康熙二十九年(1690)製。
威遠将軍砲は散弾を発射する砲。曲射が可能で、攻城戦や山岳戦に威力を発揮。

輪子砲

輪子砲
回転式弾倉による連発銃。

木架砲

木架砲

漆砲

漆砲

CIMG0221

子母砲
フランキ(仏郎機)系火砲。子砲と呼ばれる弾薬カートリッジを砲身(母砲)後方に装填し発射。発射後は砲身を清掃し、次の弾薬カートリッジを装填するだけで、発射間隔が短かった。また小型・軽量で機動性に富み、八旗の騎兵とともに辺境で行動することの多い火器営(八旗の鉄砲隊・砲兵隊)に好んで使用された。

CIMG0222

四環鉄砲

清末の小銃

清末の小銃
清末に導入された後装式小銃。銃剣つき。右側は騎兵銃(カービン)。見たところドイツのモーゼル系統のようだ(モーゼルM1871の発展型M1888と、騎兵銃モデルのM88カラビナーか?)。清朝は十九世紀末にモーゼル小銃の輸入とコピー生産を開始しており、これらの小銃はおそらく当時の輸入・コピー生産品の一部だろう。

騎兵銃

馬槍
騎兵銃(カービン)。馬上での取り回しを考え、銃身を短く切り詰め、槓桿(ボルトハンドル)が折り曲げられている。

皇帝用馬具

皇帝用の馬具
鞍・鐙・手綱など。

各種冷兵器

戟・槍・偃月刀・斧

CIMG0219

号角
角笛・ラッパ。軍隊で信号として用いられた。

弓矢

弓矢とえびら

…………

参考文献・サイト

『皇朝礼器図式』(四庫全書本)『欽定四庫全書』上海古籍出版社、1987年
王兆春『中国火器史』軍事科学出版社、1990年
篠田耕一『武器と防具・中国編』Truth In Fantasy XIII、新紀元社、1992年


I.G. Mod. 71. (M1871) German Mauser(2009年11月29日アクセス)http://www.militaryrifles.com/Germany/71Mauser.htm

世界鉄砲図鑑 一言説明 モーゼル社(2009年11月29日アクセス)http://www2.odn.ne.jp/~cdh17500/WorldGun/SetDoiMuth.htm

Gewehr 1888(M1888)Wikipedia(英文版)(2009年11月30日アクセス)http://en.wikipedia.org/wiki/Model_1888_Commission_Rifle