LINEで送る
Pocket

 溥儀の満洲語能力について、Amin様から別の史料をご教示いただきました。心より感謝申し上げます。
 以下、ご教示いただいた史料を引用します。

    溥儀の父の醇親王載灃(さいほう)(1883~1951)の評伝『最後的摂政王――載灃伝』の巻末に、1960年1月26日、周恩来が特赦を受けたばかりの溥儀と溥儀の叔父の載濤らと行った会見で、載灃に触れた部分が引用されている(p.286~p.287)。

 その中で周恩来は載灃の満洲語能力について触れ、満文で書かれた文献資料の研究のため満文の専門家が求められているが、載灃のような満文に精通した人材を見つけるのは難しいと語り、それに対し載濤・溥儀共に以前満文を学んだことがあるが現在はすっかり忘れてしまったと語っている。以下原文を引用する。

  周总理说:载沣的国学底子很深厚,又是清朝末年到民国,到日伪时代历史的活见证。他如果能够有更长的寿命,一定会对文史研究做出很好的贡献。

  他又说:我们现在要研究用满文写的文献资料,十分需要满文专家。可是,像载沣那样精通满文的人才,现在不仅在外面很难找到,就是在爱新觉罗氏的家族成员中,恐怕也不一定能有第二位了。

  载涛听了周总理的话,便插话说:“的确是这样的。到了晚清,满人中也很少有人去学满文。我当时虽然学过一阵,到现在已经全忘光了。”

  溥仪接着说:“我当初也学过满文。但那是我学棏最槽糕的一门功课。现在是一点也看不懂了。”

 

 周総理は「載灃は国学(引用者註:漢学、中国伝統の学問)の素養が非常に深く、また清朝末期から民国、日本・傀儡政権時代の歴史の生き証人でもあった。彼がもっと長生きできたなら、歴史文献(引用者註:原文では「文史」)の研究に大きく貢献できただろう」と語った。

 彼はまた「我々は現在満文で書かれた文献資料を研究するため、満文の専門家を非常に必要としている。だが、載灃のような満文に精通した人材は、外部で見つけることも困難だし、愛新覚羅氏の家族の成員においても、おそらくこれに代わる者は出ないかもしれない」と語った。

 載濤は周総理の話を聞き、口を挟んで「まさにそうです。清末には、満人の中にも満文を学ぼうとする者が少なくなりました。私も当時しばらく学んだことがありますが、今では全て忘れてしまいました」と語った。

 溥儀は続けて「私も当時満文を学んだことがありますが、あれは私が学んだ中では最も成績の悪い科目でした。今では少しも読めません」と語った。

 

『最後的摂政王――載灃伝』、p.287、管理人訳

 この問題に関しては、もっと色々な史料や文献を読んでみたい。特に、清末の皇族の伝記・回想録には他にも色々な手がかりがあるかもしれない。

………………………………

参考文献

凌冰『最後的摂政王――載灃伝』文化芸術出版社、2006年