LINEで送る
Pocket

表紙

『同文之盛――清宮蔵民族語文辞典』故宮博物院編、紫禁城出版社、2009年8月

目次

概述

多種体例的辞典

一、分類詞典
『音漢清文鑑』
『満蒙漢字書』
『四体合璧文鑑』
『満蒙藏嘉戎維五体字書』
『初学必読』
二、音序辞典
『清文彙書』
『清文補彙』
『清文総彙』
『無圈点字書』
『蒙古托忒彙集』
三、形序、地序、時序辞典
『清文典要』
『清文典要大全』
『清文捷要』
『欽定西域同文志』
『実録内択出旧清語』
四、叢書式辞典的形成
『蒙文指要』
『清語摘鈔』
『六部成語』
五、語音、語法辞典
『満洲十二字頭』
『蒙文十二字頭』
『満漢字清文啓蒙』
『蒙文啓蒙』
『重刻清文虚字指南編』
『一学三貫清文鑑』
『三合便覧』
六、話条辞典
『一百条』
『満蒙話条』
『蒙古話』
『清文指要』

皇帝勅修辞典

一、康熙帝勅修辞典
康熙像
『御製清文鑑』
『清文合蒙古鑑』
二、乾隆勅修辞典
乾隆像
『御製満蒙文鑑』
『御製増訂清文鑑』
『御製満洲蒙古漢字三合切音清文鑑』
『御製兼漢清文鑑』
『御製四体清文鑑』
『御製五体清文鑑』
『欽定清語』
『輯要』
『欽定遼金元三史語解』
『御製翻訳名義集正訛』
『欽定清漢対音字式』
『欽定同文韻統』
『御製四体阿礼噶利字』
三、光緒勅修辞典
光緒像
『欽定蒙文彙書』

 

 清朝は多民族国家であり、その統治にあたっては多様な言語の知識が必要とされ、それゆえ数多くの辞典が編纂された。本書は北京、故宮博物院図書館に収蔵されているこれら多様な言語の辞典を紹介したものである。

 本文は、見開きページ右側に辞典の書名、巻数、編纂者、編纂年代、冊数、判型等の情報と解説が記され、見開きページ左側に実物の写真が掲載されるという形態となっている。実物の写真は数ページにわたることもある。

   本書の解説は故宮博物院の専門家である春花氏により執筆され、各辞典の体裁、構成、資料(史料)的価値が簡潔明瞭に説明されており、清代の各種辞典の解題目録としても有用な書物となっている。

  音漢清文鑑『音漢清文鑑』

六部成語『六部成語』

御製五体清文鑑『御製五体清文鑑』 

 実物のカラー写真が豊富に使用され、満洲語や清朝史を学ぶ者にとっては、見ているだけでも楽しい。