LINEで送る
Pocket

 今日は、ソ連共産党崩壊、ひいてはソビエト連邦崩壊の引き金となった、8.19クーデターから20年目の日。その時私は高校3年生。年がバレるなww

 以下、記憶に基づいて書いているので、事実と異なる部分があるかもしれない。

 当時、私はペレストロイカをきっかけにソ連・ロシアに興味を持ち始め、夜はよくモスクワ放送(現:ロシアの声 Голос России ゴーラス・ラッスィーイ)の日本語放送を聞いていた。軍縮問題や領土問題などでは当然ソ連の肩を持っていたが、それでも宣伝臭はそれほど強くなく、ロシア文化の紹介や当時勃興しつつあったロシア・ロックや流行音楽の紹介等々が楽しかった。私のロシア文化好きもその辺から始まっている。

 1991年8月19日、テレビでソ連の保守派クーデターのニュースを目にし、果たして今日の番組はどうなっているだろうかとハラハラしながら、夜9時ごろにラジオの周波数をモスクワ放送に合わせた。当時のモスクワ放送の周波数は中波1251kHzで、日本のAMラジオ局と近く、よく混信していたので、自分の家のラジオのダイヤルをうまく合わせるのにちょっとしたコツがいった。

 周波数をうまく合わせて、しばらく待つといつものように9時のニュース番組の放送が始まった。ニュースはいつもはBGMが流れるなか、アナウンサーがニュースを読み上げる。だが、その日だけはBGMがなく、日本人アナウンサー(お名前は失念)が番組の最初の10分ほど、感情のこもらない棒読みでクーデター派「国家非常事態委員会」の声明の日本語訳を淡々と朗読(短時間でよく訳したものだ)。その日本人アナウンサーはいつもは明るい口調でハキハキと話すし、ニュース以外ではけっこう軽口も叩いていただけに、モスクワ放送で何かが起きていることが感じられた。

 その後、何事もなかったかのように音楽の時間へ移行。音楽の時間もアナウンサーはほとんど話さず、ただ音楽を流すだけだった。

 Wikiの記事によれば、当時放送局にクーデター部隊が乗り込んできて、脅迫されていたらしい。

Wikipedia ソ連8月クーデター (2011.8.19閲覧)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A38%E6%9C%88%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC#.E4.BD.99.E6.B3.A2

 

 翌日にクーデターが鎮圧された後は、いつものモスクワ放送に戻った。

 さて、今日は久しぶりに聴いてみようかな。