LINEで送る
Pocket

 これまで中国マスコミ・ネット言論での日本関連報道・記事を見てきた感想。これはあくまで自分の主観的な感想なので、事実とは異なる点も多いかもしれない。その点はご容赦の程を。政治や時事問題については書かないと書いたが、国慶節限定で復活。

 中国マスコミ・ネット言論での日本関連報道・記事を見ると、日本に対する賞賛と批判が両極端。日本を賞賛する場合は日本をまるで天国、日本人を天使のように持ち上げる一方、日本を批判する場合は日本を地獄、日本人を悪魔のように描く。どちらにせよ、彼らにとっての「日本」は現実の日本ではない。日本や日本人につき、見たまま聞いたままを客観的に紹介している報道・記事も多いが、比率として依然少数派といったところ。
 なぜそうなるのか?その理由としては言論統制やナショナリズムがよく取り上げられるが、それだけではないと思う。

 中国マスコミ・ネット言論での日本関連報道・記事をよく読んでみると、あることに気がつく。
 まず、日本への賞賛的報道は「日本はこんなにもすばらしい!我が国は遅れている!我が国も見習うべきだ!」という文脈がほとんど。これはここ数ヶ月の「なでしこジャパン」に対する中国マスコミの報道が最もわかりやすい例。「なでしこジャパン」の実績をたたえつつ、自国サッカーの現状を痛烈に批判している。その他、人権、社会福祉、高速鉄道、社会インフラなどに関する報道やネット言論でこうした論調が多々見られる。
 一方、日本への批判的報道は「日本はこんなにもけしからん!我が国は素晴らしい国!我が国はもっと強くなるべき!」という文脈がほとんど。これは領土問題とか歴史問題、または政府・共産党を賞賛する報道に多々見られる。一番わかり易いのは中国の対外強硬派の根城である『環球時報』。

 要は日本賞賛派は自国の現状への不満及び異議を主張する論拠として日本を持ち出し、批判派も同様に自国の現状への不満及び異議を主張する論拠として日本を持ち出しているに過ぎない。
 そのため、自分の主張を補強しようとすればするほど、論拠としての日本を過剰なまでに賞賛し、または批判する。論拠としての「日本」像が事実がどうかはこの際重要ではない。論拠の印象が強烈であればあるほど、自分の主張をくっきりと引き立たせることができる。
 
従って、中国マスコミ・ネット言論での日本関連報道・記事は往々にして抽象的・観念的で極端な内容になりがちだ。
 
例えば、中国人の道徳心が低いと主張したい場合、一部の事例や抽象的概念のみを根拠に「日本人の道徳心はこんなにもすばらしい。中国人はまだまだ。中国人も見習え!」と主張する。同様に、中国人の道徳心を褒めたたえたい場合も一部の事例や抽象的概念のみを根拠に「日本人は人間のクズだ。中華文明を持つ中国人はこんなにもすばらしい。悪い日本に負けないよう強くなれ!」といったような観念的で極端な書き方をする。

 結局のところ、中国マスコミ・ネット言論は自国政府や自国人との論争の論拠として日本を利用している面が強い。要は「指桑罵槐」というやつで、自国政府や論争相手を直接批判するのは差し障りがあるので、日本というクッションを置いて間接的に批判しているのだ。「日本」という存在は現実の存在ではなく、単に相手を言い負かすためのダシでしかない。
 誤解を恐れずに言えば、いわゆる「親日、知日」と「反日」はつまるところ日本をダシにした中国内部の争いという性格が強い。中国流にいえば「人民内部矛盾」。従って、日本人はいちいち一喜一憂する必要はなく、中国の「人民内部矛盾」をあくまで冷静に見守っていればいい。

 このように、中国マスコミ・ネット言論での日本関連報道・記事が両極端になりがちなのは、よく取り上げられる言論統制やナショナリズムだけでなく、自国内の論争によるバイアスも大きい。
 日本への賞賛であれ、批判であれ、どちらも自らの主張を補強するための都合の良い論拠・ダシにすぎない。そのため、日本関連報道・記事は往々にして抽象的・観念的な極端な内容になりがちで、現実の日本とは縁遠いものとなっている。

 

 以下、自分の個人的ボヤキ。


 

 中国で生活を始めてもう7年半、褒め殺しにも罵詈雑言にもうんざりした。
 中国マスコミ・ネット言論の大多数はどのみち現実の日本には興味がなく、自分たちの脳内にしか存在しない「日本 Riben」を弄んでいるだけ。現実の日本に興味がない以上、日本人の私がいちいちアドバイスしたり、批判してやる義理はない。日本を褒めようがけなそうが勝手にしろ!というのが自分の正直な心境。
 これは、自分が在中日本人でありながら、本ブログやその他ネット上で日中関係について発言することが少ない理由でもある。

 いちいち日中関係について書いたり、ニュースの感想を書いた所で、今の自分になにか特別な影響力があるわけではない。書くだけムダ。現実でもネットでも、日中関係の仕事をする気力も能力もない。有名な加藤嘉一氏のようになる気持ちなど全くない。

 ただ、現実とネット上とを問わず、普段接する中国人一人一人には誠意をもって本音で接したいと思う。
 例え話をするなら、日中関係という砂漠を緑化するだけの水はないが、砂漠を渡ってきた中国人に自分の水を少し分け与えるぐらいのことはするということ。

 以上、これが自分のスタンス。過去もそうしてきたし、これからもそうする。