LINEで送る
Pocket

東洋文庫の記事が長くなりましたので、二回に分けて再アップロードします。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

 ミュージアムではちょうど企画展「大地図展――フェルメールも描いたブラウの世界地図」が開催中。

 同展の図録より

ブラウ『大地図帳』9巻(図録pp20-21)
図録『大地図展――フェルメールも描いたブラウの世界地図』東洋文庫ミュージアム pp.21-22

 

 2Fのディスカバリールームでは山形の細谷家伝来の『大明地理之図』も展示。
 明代中国、江戸時代日本の地理認識がよく分かる面白い地図。
 地図では、琉球(沖縄)と台湾があやふやになっているあたりが興味深かった。
 地図が大きすぎてスマホのカメラに収まりきらなかったので、写真は撮れなかった。
 詳しくは以下のページ参照。

 

昨年、東北学院大学で開かれた同地図の企画展の案内。

初公開! 侍が見た東アジア図 『大明地理之図』  東北学院大学博物館 平成26年度春季企画展【5/17~7/10】日まで(2014年5月16日)

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/140516-2.html

 

 1Fのオリエントホールでは企画展にあわせて、ヨーロッパのいろいろな地理書も展示。
 それにしても、「タフマンなタスマン」ってw。タスマンのイメージが伊東四朗で固定されてもうたやないか!どうしてくれるww

タフマン
タフマンなタスマン

 

満文『三国志演義』も!

ilan gurun i bithe
三国志演義 満洲語本

 

 うれしくて思わず「読める!読めるぞ!」なムスカ状態になった私。
 ついつい小声で音読。
 なにやらブツブツ言ってる怪しい人に見えたかも。

 

 庭には、いろいろな言語での名言が並んでいた。
 見る角度を変えると、日本語訳が見える。

モンゴル語
ウイグル語

モンゴル語とウイグル語の名言

 

見学後、企画展と常設展の図録、本の栞を購入。
それからバスで上野駅前へ移動。

(つづく)