満蒙漢文信牌(北京 軍事博物館)

LINEで送る
Pocket

昨年5月の連休に北京を旅行して、軍事博物館を見学したときに撮影。
まさかこんなところで出会うとは思わなかった。
信牌(軍事博物館)

信牌(軍事博物館)

これは清の入関前に使われた信牌、すなわち官吏が携帯する一種の身分証、パスポートである。
(2006年5月撮影)
上の方に置かれている信牌は、左から満洲語(老満文)、モンゴル語、漢語で刻まれている。
ヌルハチ時代のものか、ホンタイジ時代のものかはよく分からない。
(不勉強ですみません)
 
そのうち、漢語は
 
皇帝之寶
 
満文は
 
han i doron
   ハンの印
 
とある。
 
次に、下の方に置かれている信牌は太宗ホンタイジ(皇太極)時代のもので、左から満文、漢文、モンゴル語で書かれている。なお、寛温仁聖皇帝とはホンタイジが生前名乗った称号である。

ホンタイジ信牌(軍事博物館)

(右下の信牌を拡大して撮影。2005年5月)
中央の漢文は
 
寛温仁聖皇帝信牌
 
と刻まれている。
 
一方左側の満文を直訳すると
 
gosin onco     hūwaliyasun  enduringge   han i akdun   temgetu
仁愛  寛大な   心が温かい      神聖な    ハン の 誠の   証明
 
となっている。
 
(モンゴル語は読めません。すみません・・・・・・)
 
 
自分としては、漢文と満洲語では、皇帝(ハン)の前に来る単語(形容詞、名詞)の順番が異なっているのが興味深かった。
漢語では「寛温仁聖」という順番だが、満文の方を読んでみると「gosin(仁愛)」、「onco(寛大)」、「hūwaliyasun(和やか、心が温かい)」、「enduringge(神聖)」の順になっている。
 
なぜだろうか?
単なる語呂の問題なのか、それとも満洲族と漢族の考え方の違いなのか、考えてみるとなかなか面白い。

 

    満蒙漢文信牌(北京 軍事博物館)” に対して1件のコメントがあります。

    1. 銘翰 より:

      始めまして、●●●(●● ●●●●)です。●●さんのことは、阿敏さんから聞いていました。●●さんのとおり、私も満洲語に対して興味深いです。今年の二月からこれまで学んできましたが、満洲語の文字や語彙や文法も少しできます。去年、日本語能力試験2級を受験しましたが、残念にパスしなかったです。努力不足のせいでしたと信じています。今年十二月もう一度2級受験する可能性があります~~~
      enenggi jabxan de simbe takaha kai. bi Cen Ming-han. mini manju gebu be Ulhisu.
      Amin age deri Ueki agu be donjihabi kai. sini adali bi inu manju gisun be amurambi. te aniyai juwe biya ci
      manju hergen jai gisun be tacimbi. te manju gisun be baitalame bahanambi seci ombi kai^^.
      duleke aniya de Nihon Gisuni Muten Simnen be arahabime, hafunarahakv kai…kiceme tesuhekv seme gvniha…
      nihon gisun be manju gisuni emgi baitalarangge yargiyani mangga(難しい) kai…
       
      【追記】個人情報に関わる個所は公開コメントでは伏字にしておきました。何卒ご了承ください。

    2. 電羊齋 より:

      >●●● 様
      はじめまして。
      こちらこそよろしくお願いします。
      満洲語も日本語も非常にお上手ですね。
       
      >●●さんのとおり、→●●さんと同じく 或者 ●●さんと同様、
      >残念にパスしなかったです。→残念ながらパスしなかったです。
      >努力不足のせいでしたと信じています。→努力が足りなかったせいだと思います。
       
      这样改写(说)更自然一些。
       
      bi gvnici ,nihon gisun i kooli ,manju gisun i kooli ci encu akv.damu nikan gisun kooli ci ambula encu , ere turgunde si umesi mangga sembi kai serengge.
       
      aikabade nihon gisun de sarkv ulhirakv ningge bici , bi uthai gisure .
       
      >すいしょう 格格
      大変ですね。
      报名的人怎么这么多!
      日本語の勉強で何かわからないことがあったら、何でも聞いてくださいね。

      【追記】個人情報に関わる個所は公開コメントでは伏字にしておきました。何卒ご了承ください。 

    3. 麗莉LILI より:

      今天日语报一级了,没报上。郁闷
      就得等21号报二级了。郁闷

    4. 宣和堂 より:

      そう言えばこう言うの飾ってましたねぇ…。自分も見たコトがある訳ですが、うっすらとしか憶えてないですね。こう言う時、満洲文字読めたらちょっと楽しそうですね…。羨ましいデス…。

    5. 銘翰 より:

      前回日本語の使い方上でご改修でありがとうございます。やはり母語話者からの指南あれば 本当な日本語を習えますね。●●さんの日誌のお蔭で、私は、きっと読解能力にもますます進歩していくと思います。これから、お願いします~~
      bi saha bade, nihon gurun de manju tacin i sibkin be ararangge jaci fulu sain kai. be dulimbai guruni niyalma, yargiyan i nihon gurun i sibkire urse ci tacici acambi kai. ofi, bi gvnime, manju tacin be sain i sibkiki seci, nihon gisun be inu hafu ulhici acambi, sembi. mujanggao wakao?

      【追記】個人情報に関わる個所は公開コメントでは伏字にしておきました。何卒ご了承ください。

    6. 電羊齋 より:

      >宣和堂 様
      こんばんは~
      満洲文字が読めると本当に楽しいです。
      やっぱり満洲族の本音に迫れますしね。
      同じ史料でも漢文版と満文版ではけっこう内容とかニュアンスが違っている場合が多いですから。
       
      でも、漢文は苦手なんでその点は宣和堂様がうらやましいです。

    7. 電羊齋 より:

      >陳銘翰 様
      こんばんは。
      >ご改修→ご指導 日语「改修」这个词用在机械等非生命东西
      >本当な→本当の
      >読解能力にもますます進歩していくと思います。→読解能力もますます進歩していくと思います。
      这样更自然些。
       
      si dabali saixaha kai。
      be damu luban i juleri suhe axxara (班门弄斧)be gelembi。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください