清朝史、ユーラシア史、満洲語、中国語、日本史などなど
Blog

内陸アジア史

第一章 清代の火器とその運用

はじめに  本章では、清代における火器の摂取とその運用について、先行研究に基づいて概括的に述べ、本論への導入としたい。   第1節 火器の特色    火器の兵器としての特色を三点に整理すれば、 ①火器 …

 十五世紀以降の、西欧における火器の急速な発達は軍隊と戦争の形態を大きく変化させ、騎士による突撃と原始的な攻城具による長期間の包囲戦はマスケット銃兵と機動砲兵による火力を集中した戦いに取って代わられた。  この火器の発達 …

論文要旨

 清朝は明との戦争で火器の威力を知り、火器の導入を決意し、佟養性ら投降漢人を利用しつつ、火器の運用がもたらすさまざまな問題をクリアしていった。  しかしながら、火器の輸送と補給は依然清朝にとって困難な問題であり続けたし、 …

凡例

 修士論文のブログ掲載にあたり、以下の凡例に基づき、書式統一を行った。   一 全体構成 修士論文本文及び注において今回発見された明らかな誤りについては、〔 〕により補注・修正を行った。 注・図は修士論文原文では文末にま …

修士論文ブログ版序

 このたび、修士論文の本ブログでの公開を決意しました。  テーマは八旗の火器専門部隊である「火器営」について。 火器営についてのあらましは本ブログの以下のページにあります。 火器営――清朝の諸兵科連合部隊―― http: …

Page 1 / 612»

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.