清朝史、ユーラシア史、満洲語、中国語、日本史などなど
Blog

中国近現代史

振り返れば奴がいる――岡本隆司『袁世凱――現代中国の出発』

岡本隆司『袁世凱――現代中国の出発』岩波新書1531、岩波書店、2015年2月    袁世凱の生涯とその時代背景、そして清末中国の権力構造についてわかりやすく記述。 要点がうまく整理されており、文章も読みやすい …

ある改革者の焦り――岡本隆司『李鴻章――東アジアの近代』

岡本隆司『李鴻章――東アジアの近代』岩波新書1340、2011年11月   李鴻章という清朝末期の巨人の評伝。コンパクトで読みやすかった。  個人的に興味深かったのは、日清修好条規の清朝側の狙いが「属国」朝鮮への侵攻の予 …

岩間一弘『演技と宣伝のなかで――上海の大衆運動と消えゆく都市中間層』【再アップロード】

 ブログ移転後、Amazonのリンクを記事上に自由に設置できるようになったので、テストを兼ねて本記事をアップロードします。内容は『読書メーター』への投稿を修正したものです。   岩間一弘『演技と宣伝のなかで―― …

溥儀の満洲語 その三

 溥儀の満洲語能力について、Amin様から別の史料をご教示いただきました。心より感謝申し上げます。 以下、ご教示いただいた史料を引用します。     溥儀の父の醇親王載灃(さいほう)(188 …

溥儀の満洲語 その二

 この間、溥儀は満洲語がほとんどできなかったと書いたが、最近では異説も出ているらしい。    代表的な溥儀研究者である王慶祥はその著『非常公民――溥儀軼史』で、溥儀とその満洲語教師であった伊克坦の交流 …

Page 1 / 412»

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.