清朝史、ユーラシア史、満洲語、中国語、日本史などなど
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 書評・文献紹介

書評・文献紹介

『ノモンハン戦車戦――ロシアの発掘資料から検証するソ連軍対関東軍の封印された戦い ――』

   正月に帰国した時に読んだ本。最近関東軍関係の本を色々読んでます。     見所は著者がロシアの膨大な公文書の山から発掘してきた、大量の写真や詳細な戦況報告、統計資料である。 なんといっても、これまで文章で …

閻崇年『正説清朝十二帝』

 本書は、昨年(2004年)中国中央電子台で放映されたシリーズ番組「清十二帝疑案」から再構成されたものである。本書では、著名な清朝史研究者である閻崇年氏が、清朝の十二人の皇帝の生涯について最新の研究成果を盛り込みつつ、軽 …

『未来を開く歴史―東アジア3国の近現代史』

扶桑社の『新しい歴史教科書』に対抗して、日中韓三国の学者が共同執筆した教科書。 記述範囲は19世紀後半から現在にいたる日中韓三国の関係史。三国相互の関係に記述の重点が置かれ、各国国内の歴史にはあまり深く触れられていない。 …

Page 18 / 18«1718

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.