清朝史、ユーラシア史、満洲語、中国語、日本史などなど
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 清朝史総合

清朝史総合

満文論語 学而第一(上)

(凡例)・テキストは四庫全書本の『御製繙譯論語』を使用・満文・満文和訳・漢文・漢文訓読・漢文現代語訳の順に掲載。・満文はメーレンドルフ式ローマ字で転記、逐語訳はしないが、できるだけ直訳。・満文和訳文、漢文現代語訳の[ ] …

満文論語―漢籍の満文翻訳について―

1、入関前後 清朝(満洲族)はその成立当初から、漢族の文化を貪欲に吸収しつづけた。 すでに、ヌルハチ時代から漢籍の翻訳が開始されていたが、ホンタイジ時代には中国(明)の政治体制を迅速に導入する必要から、漢籍の満洲語(満文 …

白い八旗兵――八旗俄羅斯佐領――4

四、ロシア人部隊の任務――通訳・翻訳・教師・偵察――  では、彼ら俄羅斯佐領のロシア人旗人たちは清朝のためにどのような任務を遂行していたのだろうか。八旗制度下での通常の兵役・課役以外では、主にロシア語通訳・翻訳者・教師や …

白い八旗兵――八旗俄羅斯佐領――3

三、編成の背景 ――北の嵐――    では、ロシア人捕虜がなぜこれほどまでに優遇され、彼らの部隊すら編成されるにいたったのだろうか。その背景には、当時の清を取り巻く国際情勢が深く関与していた。  清とロシアが黒龍江流域で …

白い八旗兵――八旗俄羅斯佐領――1

白い八旗兵――八旗俄羅斯佐領――    八旗は清朝の発展に伴い、元来その主体であった満洲・モンゴル・漢三民族以外にもさまざまな民族を取り込んでいった。 比較的満洲族に近い東北アジアの諸民族、いわゆる「新満洲」(オロチョン …

Page 23 / 24«222324

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.