清朝史、ユーラシア史、満洲語、中国語、日本史などなど
Blog

満洲族

乾隆帝と満洲語地名

 遼寧省撫順市新賓満族自治県の「馬爾墩」(マルドゥン)という地名の来歴について、下記のニュース記事を発見。 “马尔墩”,一个靠乾隆御旨保存下来的满语地名  抚顺新闻网 2012-05-07 13:25:22  http: …

定宜庄(上田貴子訳)「清代北京城内の八旗鰥夫」

定宜庄(上田貴子訳)「清代北京城内の八旗鰥夫」井上徹・塚田孝編『東アジア近世都市における社会的結合――諸身分・諸階層の存在形態――』大阪市立大学文学研究科叢書第3巻、清文堂出版、2005年    鰥夫(かんふ  …

溥儀の満洲語 その三

 溥儀の満洲語能力について、Amin様から別の史料をご教示いただきました。心より感謝申し上げます。 以下、ご教示いただいた史料を引用します。     溥儀の父の醇親王載灃(さいほう)(188 …

溥儀の満洲語 その二

 この間、溥儀は満洲語がほとんどできなかったと書いたが、最近では異説も出ているらしい。    代表的な溥儀研究者である王慶祥はその著『非常公民――溥儀軼史』で、溥儀とその満洲語教師であった伊克坦の交流 …

溥儀の満洲語

 清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀は満洲語がほとんどできなかったらしい。溥儀の自伝『わが半生(我的前半生)』でも自らそれに触れている。   我的学业成绩最糟的,要数我的满文。学了许多年,只学了一个字,这就是每当满族大臣向我请 …

Page 2 / 5123»

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.