2019年と2010年代を振り返って

LINEで送る
Pocket

2019年を雑に振り返ってみると以下のとおりとなる。

1月 勤め先で病み始める
2月 勤め先が本格的に嫌になる
3月 メンタルをやられて退職を決意
4月 離婚
5月 10連休?何ですかそれは?
6月 ようやく退職
7月 精根尽き果てた
8月 引越
9月 翻訳業忙しい
10月 翻訳業忙しい
11月 休み休みお仕事
12月 お仕事と積読消化

今年前半で精根尽き果てた。
心と体を病み、何もかも嫌になり、仕事をすること、生きることへの自信すら失いかけた。

後半から復調し始めているが、まだまだ本調子にはほど通い。
心身ともに好調時の5~6割というところで、今はまだ「リハビリ」段階のようなもの。

そして、2010年代は自分にとっての「失われた10年間」でしかなかった。
この10年間でほとんど何も成果を挙げられず、心身ともに消耗し尽くした。
ただ生きるだけで精一杯で、失う物のみが多い10年間だった。
2020年代は少しはましな10年間にしたい。

嫌なことは教訓にできることは教訓とし、残りは2010年代に置いていく。

無理のない程度に、少しずつ前へと進みたい。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください