2020年9月29日 火曜日 晴れ時々くもり 忙中閑有り

LINEで送る
Pocket

7時頃起床。

午前中は洗濯、仕事、雑用をこなす。
翻訳原稿一件納品

昼頃、近所の病院へ通院。

13時頃帰宅。
午後は翻訳会社さんと連絡を取り合った以外は暇。
昼寝したり、ボケーッとして過ごす。
忙中閑有り。

夕方にうちのブログの「俄羅斯佐領」の記事を改訂。
数日前と合わせて、3年ぶりの改訂作業が一通り完了。
最近の研究をもっと反映させようかとも思ったが、構成上難しく、それならば新たに独自の記事を書いたほうがいいかと考え始めている。

他にもいろいろ書いてみたい記事はあるのだが、まとまった時間がなかなか取れない。

最近寝る前に少しずつ読んでいる本がある。
山田風太郎『戦中派不戦日記』(講談社文庫)。
昭和20年の東京での日常生活、哲学的思考、自分が見た夢、東京大空襲での怒り、日々不利となりゆく戦況への所感、政府とメディアへの憤り……などなど。
コロナ禍の現在の状況とも重なり合うところがあり、心に残る。
そして『戦中派不戦日記』にはその時々に読んだ本の書名も記されている。実によく本を読んでいる。
自分もこういう時こそしっかり本を読まねばと感じさせられた。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください