2020年12月16日 水曜日 晴れ時々くもりのち小雪 2日分の仕事

LINEで送る
Pocket

5時過ぎに起床。
ジャージを重ね着して、近所の河川敷に散歩とストレッチに出かける。
まだ暗い時間なのに意外と散歩者とランナーがいる。
小一時間ほど散歩とストレッチをしてから帰宅。

シャワーと洗濯と掃除と朝食を済ませ、9時頃から昼食を挟んで21時頃まで仕事。
今日は普段の2日分の仕事をしたような気がする。

いつも通り晩酌をしながら「刑事コロンボ」を見るつもりだったが、明日に回すことにする。

仕事の合間の休憩にTwitterを見ていると、DHC公式サイトに掲載された代表取締役会長名義のコリアン差別の文章が話題になっていた。読んでみるとなるほど確かにひどい。DHCの差別体質は前から話題になっていたので「やはり」という気分。
DHCは元々は業界大手の翻訳会社だったのが化粧品、サプリなどに業態を拡大した会社。自分はこれまで大手の翻訳会社には一通り履歴書や経歴書を送ってきたが、DHCだけは上記の理由により避けていた。

今回の一件でDHCと関わらないようにしていたのは正解だったと確認できた。
第一、翻訳者として、差別問題以上にあんな内容の文章がノーチェックで表にでるような体制の企業とは仕事をしたくない。

本日午後、『学術書を読む』、『学術書を書く』、『当用日記』、『歴史手帳』がAmazonから届いた。自分への少し早いクリスマスプレゼント。

『学術書を読む』、『学術書を書く』、『当用日記』、『歴史手帳』(2020年12月16日、Amazonから届く)

『学術書を読む』、『学術書を書く』、『当用日記』、『歴史手帳』(2020年12月16日、Amazonから届く)

『学術書を読む』、『学術書を書く』はわかりやすくて論理的な文章を書きたいと思って購入。来年はブログ記事に本腰を入れたい。『当用日記』と『歴史手帳』はここ数年毎年使っている。

 

日本脱出の日、2025年11月11日まであと1791日。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください