11月24日 星期五 多云 工资!

LINEで送る
Pocket

因为厌烦翻译文件,今天帮现场的忙。
 
今天就是发薪日。
本来每个月的25日,但明天是星期六,银行停止对企业的业务,所以改到今天。
从上个月到这个月开支太大,所领工资很高兴。
 
下班后,顺便去银行取钱,回到家。
 
 
 
今日は翻訳に飽き飽きしてきたので、現場の仕事を手伝う。
 
今日は給料日。
本当は毎月25日なのだが、明日が土曜日で銀行の企業向け業務が止まってしまうので今日になった。
先月から今月にかけて出費が多かったんで、本当にうれしい。
 
帰りにお金を下ろして帰宅。

    11月24日 星期五 多云 工资!” に対して3件のコメントがあります。

    1. 清风 より:

      你好:电羊君~~
      你在看《明亡清兴六十年》? 呵呵 知道你对历史很感兴趣,那我们就聊聊就那段
      中国历史吧。你不是很向往明朝万历皇帝可以几十年不上班,而你却要天天上班,
      日本人对工作的认真是出名的,我很钦佩你们民族的努力学习和勤奋工作的精神,
      之所以日本能够一次又一次打败比自己强大的对手,而在一次又一次的失败后,
      可以在短时间内重新崛起,正因为你们是优秀的民族,你们那样的精神从上而下
      影响着所有的日本人团结一致努力拼搏,为民族为国家。。。你们的明治天皇可
      以省下自己的私人用度来建设海军,并对于皇家的花销力行节约,这样的民族这
      样的国家不胜利谁胜利?还是让那个挪用海军军费为皇家谋私利的腐朽帝国,
      由那腐败的皇太后领导的“大清国”获得胜利?
            那明朝的万历帝几十年不上朝,不理事,同时还不让大臣们来理事。自己躲
      在宫中吸毒放浪,而且还拼命的收刮老百姓的活命钱,所有刮来的钱都进了他的
      私人小金库,所谓的“内帑”~~~当他那帝国忍饥挨饿的边防军问他索要薪水
      粮饷的时候,他又拼命的拖欠,最终不给了事~~~都400年了,现在的中国人还
      流行着拖欠和赖掉别人工资薪水的把戏,果然是没有希望了。。。
            万历帝们从来就没有想过“中国”“中国人民”,它们只想到的自己。你们的
      明治天皇们,不管是不是出发点是为了日本的人民,但最起码他们想到了“富国
      强兵”。。。
             日本~~~我羡慕你~~日本人民要继续加油,继续努力~~~
       
       
             可以帮个小忙吗? 帮我翻译下,我有个日本的朋友,他不会中文,一直和他用英文交流,我想用下
      日文,这样亲切些~~~呵呵 日本人称乎男人为某某君,那对女人呢?
       
      “我知道你不会汉文,就写几句日文了。。。欢迎你以后来苏州旅游,我希望到时候可以陪同你去虎丘塔
      下合影留念,去寒山寺的《枫桥夜泊》碑前合影留念!我等待着您的到来~~~”
       

    2. 淑晖 より:

      こんばんわ~ なんか随分遅かったね。。汗;
      本当に超久しぶりですね!元気だったの?
      コメントをありがとう~給料日もおめでと^^
      返事が遅れましてすみませんでしたね。(気付くのが遅かったもの)
      毎日気持ち等を記録してるらしいね、素晴らしい!(*^_^*)
      ユキとかも降ってるなんて結構寒いでしょ?
      とりあえずご機嫌でね~~~
      でwでw(^・^)
       
       

    3. 電羊齋 より:

      >苏州清风 君
      过奖了!实在不敢当!
      我们不是那么优秀的民族,只是碰运气的!
      日本也有很多昏君和佞臣,为自己谋私利的人。请不要把日本理想化。
       
      〉现在的中国人还流行着拖欠和赖掉别人工资薪水的把戏,果然是没有希望了。。。
      但我觉得中国的确有进步。
      比如,2。30年前你们能提起腐败问题的话题吗? 能批评政府吗?
       
      中国有着悠久历史传统,又拥有13亿人口和广大国土。
      所以做什么事情都需要很长时间,请不要操之过急!只有用“中国式”的渐进办法,才能解决诸多问题吧。

       
      君不見壯士憔悴時 饑謀食 渴謀飲
      功名有時無罷休
       
      (和蔡準郎中見邀遊西湖 三首 宋  蘇軾)
       
       
      〉日本人称乎男人为某某君,那对女人呢?
      某某桑(さん)
       
      翻译:「中国語がお出来にならないとのことですので、日本語で書かせていただきます。ぜひ蘇州にご旅行にお越しください。お越しになられた折には、虎丘の塔と寒山寺の「楓橋夜泊」の碑の前で一緒に記念写真をとりましょう。あなたのお越しをお待ちしております。」
       
      >MaScOt 様
      こちらこそお久しぶりです。
      私は相変わらず元気です。大連はここ数日暖かい日が続いています。
      今後も暇なときにはどんどん遊びに来てくださいね。
       
      毎日気持ちを記録しているのは趣味でやっていること。
      別にそんなにすごくありません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください