LINEで送る
Pocket

1月23日,我去这十二年没去的哈尔滨。
 
早上9点半,我到沈阳北站的客运站(虎跃快客),坐了开往到哈尔滨的长途汽车。
在汽车里播放着美国电影《我,机器人》(I robot)。
 
4点左右,我终于到了哈尔滨火车站,和十二年以前完全不一样,仰望着在站前广场的四周林立的高楼大厦,94年住过的一家饭店―以前在火车站周边最高的建筑物―,看起来个子已经缩矮了。
 
到一家饭店订房、买完25日回沈阳的火车票以后,我就打的去冰雪大世界看冰灯,门票是110元!但我出示学生证,买了半价票。我虽然已经结束了留学生活,但学生证的有效期还没到(2月底)。嘿嘿(^_^.)
 
在冰雪大世界展示着很多俄罗斯风情的冰灯,有教堂,赫尔米达什宫殿和克里姆林宫的钟楼,冰灯军舰,俄罗斯文学中的登场人物等等。据说今年是“中国俄罗斯年”,冰雕里嵌着的五光十色的灯光在黑暗中闪烁,神秘莫测,壮观非凡。 
 
我看一,两个小时,冷得受不了,进入一家咖啡屋点一杯咖啡。点了以后,我问“多少钱?”,女服务员说“30块”,我吓得一下子忘了寒冷!
 
然后我又打的回到中央大街,但司机故意绕路!现在还有这样的司机,以后要注意啊。
 
我逛一逛中央大街,9点左右回到饭店。
 
(待读)
 
 
 
1月23日、12年ぶりにハルビンに行ってきた。
 
朝9時半、瀋陽北駅の長距離バスターミナル(虎躍快客)で、ハルビン行きのバスに乗る。
バスの中ではアメリカ映画『アイ ロボット』を放映していた。
 
4時ごろ、ついにハルビン駅に到着。 12年前とは全く違う(当たり前だ)、駅前に林立するビル群を見上げると、94年に泊まったホテル―当時駅前で一番高い建物だった―がかなり縮んで見えた。
 
ホテルにチェックインし、駅で25日の帰りの切符を買った後、タクシーで「氷雪大世界」へ。 
チケットは110元!だが学生証を出し、半額切符を購入。もう留学生活は終わっているのだが、学生証の有効期限はまだあるのだよ(2月末)。ふふふふ。(^_^.)
 
氷雪大世界ではロシア風の氷灯(氷の彫刻)がたくさん展示してあった。教会、エルミタージュ宮殿やクレムリンの塔、氷の軍艦、ロシア文学の登場人物などなど。なんでも今年は「中国ロシア年」とのこと。
 
氷の彫刻の中には色とりどりの照明が埋め込まれており、暗闇の中で幻想的に、神秘的に輝いていた。
一、二時間見た後、寒くてたまらないので会場内のコーヒーハウスに入って、コーヒーを注文。注文した後値段を聞くと、ウェイトレスが「30元」と答えた。寒さも吹っ飛ぶ驚き!
 
それから再びタクシーで中央大街(キタイスカヤ)に戻る(運転手め、わざと遠回りしやがった。まだあんな運転手がおるんか。以後気をつけよう)
 
中央大街をぶらぶらしたあと、9時ごろホテルに戻った。
 
(つづく)