LINEで送る
Pocket

11月2日夕方。

瑠璃廠をぶらぶらした後、鉄樹斜街を抜けて大柵欄まで歩く。

もう日が暮れているのに、狭い道を無灯火の自転車がビュンビュン走ってくるんで、発見が遅れて何度も接触しそうになった。

大柵欄の商店街は観光客でにぎわっていた。

大柵欄の商店街

大柵欄の商店街

大柵欄の看板

大柵欄の看板

 続いて、最近民国時代風にリニューアルされた前門大街へ。

前門大街(正陽門方向、北向き)

前門大街(正陽門方向、北向き)

前門大街(南向き)

前門大街(南向き)

牌楼

牌楼

正陽門箭楼

正陽門箭楼

模造路面電車

なんというか、民国時代風テーマパークといった感じ(日本で言えば大正~昭和20年代)。

路面電車もあったが、大連で本物を見慣れているので、あまり面白みはなかった。

旧正陽門駅

旧正陽門駅

旧正陽門駅。現在の北京駅ができるまでは、ここが北京のターミナル駅だった。

正陽門(前門)

正陽門(前門)

 

次に、夜の天安門広場へ。

広場は夜間立入禁止となっており、広場出入り口には警官が立っていた。

夜の毛主席紀念堂

夜の毛主席紀念堂と警官

人民英雄紀念碑

人民英雄紀念碑

民族団結柱

民族団結柱

民族団結柱は国慶節にあたって立てられた柱で、各民族の絵が描かれている。

ライトアップされた天安門

ライトアップされた天安門

天安門と衛兵

天安門と衛兵

天安門中央を背に不動の姿勢で立っている。気勢が充実している。訓練の賜物。

私が撮影を終えた直後に次の衛兵と交代。私が撮影を終えるのを待ってくれていたようだ。

衛兵さん、本当にありがとうございました!

 

卫兵在我拍了之后接班,他可能在等我拍完。

卫兵同志,太谢谢了!

 

 

「あなた、愛してる」

「あなた、愛してる」

北京飯店前 雪の上に書かれた文字。

 

王府井まで歩いて、マクドで夕食を取ったあと、タクシーでホテルに帰ろうとしたが、近距離なのに30元とか抜かしやがる。

結局地下鉄で帰った。

 

【追記】写真の貼り直し、不鮮明な写真の差し替えを行い、キャプションと本文も手直ししました(2017.11.11)。