LINEで送る
Pocket

 この間、溥儀は満洲語がほとんどできなかったと書いたが、最近では異説も出ているらしい。

   代表的な溥儀研究者である王慶祥はその著『非常公民――溥儀軼史』で、溥儀とその満洲語教師であった伊克坦の交流について触れた箇所で、溥儀は伊克坦の教育により満洲語をある程度使いこなせるようになっていたとしている。  

 それによると、溥儀は満洲語を学び始めた頃は腕白盛りでやる気がなかったようだが、後には満洲語をよく学び、伊克坦に対し彼を賞賛する対聯を賜っている(王慶祥『非常公民――溥儀軼史』p.21~p.23)。溥儀の満洲語のレベルに直接関わる部分は以下の通り。

  起初溥仪的满文成绩较差,随着年岁渐长也不断进步,逐渐不但能用满文说日常用语,而且还能写得不坏了。经过大约4年的学习,溥仪已能阅读《圣谕广训》,《满洲孝经》等满文书籍了,

 

 初めの頃は溥儀の満文の成績はやや劣っていたが、年齢が高くなるに従って不断に進歩しており、満文で日常用語を話せるだけでなく、書く方もうまくこなせるようになった。約4年余りの学習を経て、溥儀は『聖諭広訓』、『満洲孝経』(引用者註:『満文孝経』か?)等の満文書籍を読めるようになっていた。

『非常公民――溥儀軼史』、p.23、管理人訳

 一般向けの本ということもあり本文中では原史料や根拠を明示していないが、これを見ると、溥儀は少なくとも日常レベルの満洲語は話せたということのようだ。

 では、溥儀が仮に満洲語が話せたとしたならば、なぜ自ら自伝で「何年もかけて学んだが、ひとつの言葉しか覚えられなかった」と書いたのだろうか。1950年代から60年代にかけては清朝の旧支配者である満洲族への厳しい視線があり、また漢族至上主義(大漢族主義)の横行により、少数民族文化が遅れた封建的文化とされていたことも関係しているのだろうか。

 溥儀は満洲語が話せたのか、話せたとしたならばなぜそれを隠したのか。ここではとりあえず結論を保留しておきたい。
 この問題はさらに深く掘り下げる必要がありそうだ。もう少しいろいろな文献を読んでみたい。

………………………………

参考文献

中国語
愛新覚羅溥儀『我的前半生――全本』群衆出版社、2007年
王慶祥『非常公民――溥儀軼史』中国国際広播出版社、2002年

日本語(著者名五十音順)
愛新覚羅溥儀著、小野忍・野原四郎・新島淳良・丸山昇訳『わが半生』上・下、ちくま文庫、1992年