7月12日 星期日 晴 羊肉串

LINEで送る
Pocket

今晩、近所のなじみのウイグルシシカバブ屋シシカバブ(羊肉串)を食べてきた。

先週は閑古鳥が鳴いていたが、今夜は客足も平常どおりに回復し、夕飯時の19時頃はほぼ満員。幸い近所の人はみんな理性的なようだ。

先週は少し心配しすぎたかもしれない。


私もモンゴル族の友人(アンダ)と二人でガツガツ食って、大いに売上に貢献!
カシュガル出身のおやっさん、おばちゃん始め家族のみんなはいつも通りのいいサービスをしてくれた。心中は複雑なのだろうが。

ウエイターの兄ちゃんに片言のウイグル語で話しかけたら「にやっ」とわらってけっこう嬉しそうにしてた。

味もいつもどおりめっちゃうまい。羊肉は大好物!

最近の暴動でウイグル・漢両民族の間にもいろいろあるようだが、うまく解決することを祈るばかり。
庶民のわれわれにできることといったら、お互い笑顔で接したり、ガツガツ飯を食ったり、いろんな民族の連中みんなでワイワイやるぐらい。
 

20時ごろから、友人の家で落花生をつまみにビールを飲みながら、香港の衛星放送やニュースをみながら世間話や政治のことをあれやこれやとおしゃべり。

0時すぎやっと帰宅。つかれた~

    7月12日 星期日 晴 羊肉串” に対して1件のコメントがあります。

    1. より:

      平和が一番です。人最可怕的就是失去理智,一旦失去理智真的不知道能做出什么事情来。希望能尽快解决这些问题。

    2. 铭世 より:

      冤有头,债有主,该死的就是那几个煽动暴乱的,跟一般维族人是没有关系,本来道理是很简单,但是就总是有一些人不明白,说起来天朝真是可悲,借钱给米国让米国拿那些钱来支持JD的分裂分子,多好,多圆满,真是玛勒戈壁了

    3. 電羊齋 より:

      >斌さん本当に平和が一番です。人間理性を失うのが一番怖いですね。まずは冷静になってほしいものですが。少しずつ、ゆっくり解決していくしかないでしょう。>吴 铭世先生〉借钱给米国让米国拿那些钱来支持JD的分裂分子中国的确是美国的债主,股东。美国也借中国钱过日子,但美国奉行人权外交,鼓励ZD,JD。天下之大,无奇不有!我无语了!后世的历史家们怎样描写我们这世界呢?其实,在外国的维族独立派的影响力和号召力其实很少,没有达赖喇嘛那么强大。因为维族”东突厥斯坦“组织有几十个,并没有统一,简直是”群雄割据“,所谓”世界维吾尔会议“也不过是一个很小的组织。热比娅也没有什么声望。因此我觉得这次骚乱上的”分裂分子“的作用很小。这次的乌鲁木齐暴动事件不能单纯地认为民族矛盾导致的,也不只是被独立派煽动的。还有很多因素,比如贫富差距,政府的公信力下降,压制言论(防民之口,甚于防川!)等,这些因素加剧民族矛盾。总之,这些问题都是跟内地的很多矛盾相同的。看来,内地的很多矛盾都传染到边疆民族地区。只有在内地实现民主,法治和平等,才能实现边疆民族地区的繁荣和各族的平等互惠,我最近这么想。

    4. 终身房客 より:

      绝大多数中国人潜意识里也没把维族、藏族当做同胞,借用一句网友的话说,”只是把他们当做寄居在中国的异族人“。(维族、藏族也不认为自己是中国人吧?呵呵)新疆、西藏问题近了可以谈到官方的政策和民间的态度(有些敏感话题在这儿就不说了),扯远了甚至可以涉及到清朝的性质。中国政府一向避重就轻,出了事就归咎于”西方反华势力和境外分裂分子的煽动“。

    5. 電羊齋 より:

      >二等兵 终身房客さん晚上好!绝大多数的中国人潜意识里也没把维族,藏族当作同胞,维族,藏族也不认为自己是中国人。我也听说过这种话,老婆也这样说过啊。看来,现在的民族政策,对汉族,维族和藏族都不好吧。中国政府应该进行自我检讨,然后一个一个的解决问题(决不要操之过急,不要采取“一刀切“方式)。新疆,西藏和清朝的性质也很有兴趣的问题,也是很复杂的问题。清朝是一种多面体王朝,皇帝在汉人面前扮演中华皇帝角色沿用明朝制度统治汉族,在满洲族里面扮演”大汗“角色用八旗制度来统治满洲族,在蒙古族里边扮演成吉思汗后代”神圣汗“角色跟蒙古贵族联合,在西藏扮演”文珠菩萨“角色保护和监督达赖喇嘛,在新疆扮演伊斯兰法的保护者角色控制当地伯克们,因地制宜,按照各民族特色统治。简直是”一国五制“。历史是一面很好的镜子。>中国政府一向避重就轻,出了事就归咎于”西方反华势力和境外分裂分子的煽动“。对!颇有同感!政府一出了事就归咎于“西方反华势力“等外部敌人,从来没有认真地进行自我检讨(这地方很像日本的政客,哈哈)。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください