凡例

LINEで送る
Pocket

 修士論文のブログ掲載にあたり、以下の凡例に基づき、書式統一を行った。

 

一 全体構成

  1. 修士論文本文及び注において今回発見された明らかな誤りについては、〔 〕により補注・修正を行った。
  2. 注・図は修士論文原文では文末にまとめたが、本ブログにおいては、注は各章末に分割して掲載し、図は本文中に掲載した。
  3. 誤字・脱字・異体字などを慣例の表記に修正した。
  4. 句読点の位置・付け方を修正した。

 

二 年度・日付

年度・日付は旧暦を使用して表記した。

  1. 旧暦は新暦との間に一ヵ月程度のずれがあるが、便宜上年号に西暦年を併記した。
  2. 干支による日付には旧暦の日付を併記した。例:康熙三十五年(1696)二月丙午(二十日)

 

三 文字表記

  1. 名詞の並列は「・」(中黒)を用いた。
  2. 非漢字圏の人名及び複合語のつなぎには「=」(全角イコール)を用いた。
  3. 引用文・書名は原則として原文表記を尊重した。
  4. 満洲語・モンゴル語の固有名詞・用語は、すでにカタカナ表記の定着しているものはそれに従い、その他は漢字表記を使用し、必要に応じてローマ字を併記した。

 

四 史料の引用表記

  1. 漢字は、本文中では原則として日本の新字体を用い、漢文史料の引用では史料名・巻号・史料文ともに正字(旧字体)を用いた。俗字・異体字は適宜修正した。
  2. 漢文史料の読み下し文は正字・現代仮名遣いを用いた。和訳は必要な場合を除き、新字体・現代仮名遣いを用いた。
  3. 満文史料はメーレンドルフ式ローマ字に転写し、日本語訳を添付。
  4. 史料に付された括弧や下線は全て筆者による。
  5. (  ):引用者による注記・補足を示す。
  6. [  ]:割注・細字注等の原文の注記を示す。
  7. 下線および傍点:引用者による強調を示す。
  8. ……:引用者による省略を示す。

 

五 参考文献

  1. 書名は、著者・編者名・翻訳者名・『書名』(叢書名・出版社名・出版年)の順に表記した。
  2. 論文名は、著者名・翻訳者名・「論文名」(『所収雑誌名・書名』・出版社名・出版年)の順に表記し、必要に応じて引用箇所のページ数も注記した。

 

論文要旨

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください