LINEで送る
Pocket

○八旗人物○

 

范文程(はんぶんてい fan4 wen2 cheng2)

明万暦二十五年(1597)~清康煕五年(1666)
字、憲斗、号、輝嶽。諡、文粛。漢軍鑲[金襄]黄旗人。

北宋の名臣范仲淹の後裔を称す(遠藤隆俊 1995に詳しい)。ヌルハチ・ホンタイジ・順治・康煕の四代にわたって仕え、清初の対漢人統治の確立に大きく貢献した。

范文程の先祖は明初、江西から瀋陽に流され、曽祖父總[金へん]は明嘉靖年間に兵部尚書に上った。彼は幼い頃から読書を好み、十八の年に生員となった。

清天命三年(1618)ヌルハチの撫順攻略時に兄とともに後金に降った。この時、ヌルハチは左右のベイレたちをふりかえって「此れ名臣の後なり、善く之を遇せ」と言い、以後重く取り立てることとなる。文程もまたこれによく応え、遼陽、西平、広寧など遼東諸城の攻略において、常にヌルハチのそばにあって献策にあたったという。

太宗ホンタイジの時代になると、漢人のブレーン集団のリーダー格として、文館(後の内三院、内閣)で活躍し、華北進攻、チャハル部(内モンゴル)征服、孔有徳と耿仲明の来帰、さらには科挙の実施など、多くの重要事項に献策を行うようになった。

崇徳元年(1636)、ホンタイジが中国的王朝「大清」を旗揚げし、文館を内三院と改めると、文程は秘書院大学士となった。ホンタイジの彼への信頼ぶりは「大政を議する毎に、必ず籌画に資す。各国に宣諭する勅書は、皆文程の手に出づ」と記されているほどである。

崇徳八年(1643)、漢軍鑲[金襄]黄旗に編入。

順治元年(1644)、ドルゴン率いる清軍が山海関に進攻した時、明の混乱ぶりを見て華北への積極進攻策を提案する。その後崇禎帝が自殺、李自成が北京を占領するや「大順」政権の腐敗を的確に見抜き、明のために仇を討つ「義軍」として入関する方針に転換、これにより北京占領、華北の征服は抵抗らしい抵抗もなく完了した。その功績により翌年、三等梅勒章京を授けられ、以後、華北での科挙実施、人材登用、官制の整備、さらに屯田による財政基盤の確立に勤めた。

官は順治九年(1652)には議政大臣、一等精奇尼哈番(子爵)に累進し、十一年(1654)に少保兼太子太保を加えられ、同年九月、病により官を退いた。順治帝は彼の功績を絶賛し、いたわりの言葉をかけ、さらに太傳兼太子太師の官を授け、自ら調合した薬を賜った。

康煕元年(1664)、命を奉じて太宗の陵に祭告(先祖への祭祀と即位報告)をおこなったとき、その場に伏して慟哭し、しばらく立ち上がれなかったという。彼自身、ホンタイジとの信頼関係を思い起こし、感慨深いものがあったのだろう。

康煕五年(1668)八月に病死、享年七十歳。北京北方の懐柔県に位置する紅螺山に葬られた。墓道には御製の碑文が立てられ、後、祠堂には御筆の「元鋪高風」の額を賜った。

彼の性格は廉潔で度量が深く、喜怒哀楽を表に出さず、ひたすら清朝の縁の下の力持ちとして、漢人統治の実行に当たった。入関前は、皇帝も彼を尊んで名を呼ばず、ただ「范章京」とのみ呼んだという。

范文程は満洲貴族、八旗制度と漢人社会相互の矛盾を一手に引き受ける立場にあったが、その難しい課題を見事にこなしたといえるだろう。
(モンゴル(元)における耶律楚材、耶律阿海にあたる存在か?)

 

参考文献・サイト

(史料)

『八旗通志』(初集)卷一百七十二 名臣列傳 范文程

  (『八旗通志』鄂爾泰 等 奉敕撰 乾隆四年(1739) 東北師範大学出版社 1985)

(論文)

遠藤隆俊「范文程とその時代―清初遼東漢人官僚の一生―」

(『東北大学東洋史論集』6 1995)

神田信夫「清初の文館について」

(『東洋史研究』第十九巻第三号 1960→神田信夫『清朝史論考』山川出版社 2005)

(サイト)

中央研究院 漢籍電子文獻 二十五史 『清史稿』

http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3


 
 
最近、自分は清に仕えた漢人に興味をもっています。自分自身も異文化の中で生きているからでしょうか?
次は、呉三桂あたりを取り上げてみようかな。