LINEで送る
Pocket

 すでに他の場所でも書きました通り、10月10日(水)を以て日本に帰国することとなりました。
 時が経つのは速いもので、2004年4月に瀋陽で留学生活を始めて以来、あっという間に8年半もの時間が過ぎてしまいました。

帰国の理由は以下の通りです

  1. 翻訳案件の激減
     今年に入り、中国の景気の減速に伴い、製造業関連の翻訳案件数が激減。今年上半期(1~6月)の翻訳案件総数は前年比でほぼ半減。
     下半期に入りやや持ち直したものの、今年1~9月の翻訳案件総数と翻訳総収入は前年同期比で2/3程度に減少しました。

  2. 社会保障
     中国では社会保障が未発達で、現地採用でも社員への福利厚生は雀の涙です。大きな病気やケガをしたら一巻の終わりです。
     今はまだ気力も体力も十分ですが、そのうちそうも行かなくなります。

  3. 両親の高齢化
     両親も高齢となり、そろそろ日本に帰って親孝行したい気持ちになっています。
     4、5年前からゆくゆくは帰国したいと漠然と考えてはいましたが、今回を良い区切りとして完全に帰国することにしました。
     帰国したせいで逆に心配をかけないように努力しないと!

  4. 今後の長期的人生計画と中国の「突発事態」の多さ
     現在38歳で11月には39歳。そろそろ40代、50代、さらには老後に向けた長期的な人生計画を立てたいと考え始めています。
     ですが、中国には予測不可能な突発事態が多すぎます。大は政治情勢の変動から、小は停電、断水、事故、交通渋滞、インターネットの不通、態度の悪い役人に至るまで挙げればきりがありません。これでは長期的な人生計画を立てようがありません。
     今後は日本に軸足を置いて、長期的な計画を立てて仕事をしていきたいと思います。

  5. 清朝史・民族関連文献の入手難、閲覧困難
     自分の趣味である清朝史や満洲族の史料や研究論文ですが、中国ではかえって入手、閲覧しにくいという理由もあります。清朝史・民族関連のマイナーな文献はむしろ日本のほうが入手・閲覧しやすい面もあります。
     また、中国国内にはいろいろ政治的な制約があり、清朝史・民族関連文献はどうしても中国政府(漢族)のフィルターのかかった内容になりがちです。
     やはり日本に軸足を置き、中国というフィールドを駆け巡るという形が最もベターだと思います。 

  6. 中国生活のマンネリ化
     中国生活も8年半。だんだんマンネリ化してきて、最初の頃の新鮮な気持ちが失われてきました。「倦怠期」といったところでしょうか。ここで中国から少し距離を置き、もう一度中国を見つめなおしたいという気持ちもあります。

  7. 最近の日中関係
     御存知の通り、最近の日中関係には多くの波風が立っています。反日デモ、暴動が各地で発生し、日本人に対する憎しみやヘイトスピーチが一般レベルにまで浸透しつつあります。
     戦後60年あまり、中国政府・共産党は、日本の一部の「右翼分子」・「軍国主義者」が悪いのであって、日本の庶民は悪くないというスタンスを貫いて来ましたが、最近はそうした姿勢を徐々に放棄しつつあります。
     そして、8,9月には反日デモでの無法な破壊活動、日本人全体へのヘイトスピーチを事実上放置しました。
  8.  2004年以来中国で暮らしてきましたが、雰囲気は今が最悪です。
     もちろん中国人では理性的な方々の比率が圧倒的に高いのですが、中国政府・共産党の煽る民族主義的な「空気」の下では、理性的な方々は沈黙せざるをえないのが現状です。
     私は上述の1~6の理由により、今年年内、11月~12月頃の帰国を考えておりましたが、最近の情勢を考慮し、10月10日に前倒しすることにしました。
     ただ、これは主要な帰国理由ではなく、あくまで7番目の理由です。仮に日中関係が平穏無事であっても11月~12月頃には帰国する予定でしたので、予定が1、2ヶ月早まったにすぎません。
     今後も用事や仕事で中国にはたびたび来ることになると思います。


 これまで8年半にわたり中国で暮らしたことは私にとって大きな財産です。
 今後はこの財産を活かしていけるように努力していきたいと思います。

 長くなりましたので、帰国前の正式なご挨拶は別記事で。