年頭の決意――2020年代、人生の総決算へ

LINEで送る
Pocket

2020年の年頭、そして2020年代の始まりを迎えて、決意を述べておきたい。


私は現在46歳。今年の誕生日を迎えれば47歳となる。

自分の人生に残された時間はしだいに少なくなりつつある。

気力、体力、経済力、健康状態ともに著しく低下し、昨年は仕事、さらには生きることそのものへの自信すら失われかけた。

昨年下半期にやや回復の兆しは見られたが、今の気力、体力、経済力、健康状態を考えれば、社会的・身体的な「余命」はあと5年、頑張ってあと10年というところだろう。

いずれの要素も年齢的に大幅な回復、上昇は望めない。

何が死因となるかはわからないが、おそらく生きて10年後を迎えることはないだろう。あるいは生きながらえたとしても、穀潰しの役立たずとして、この社会から石もて追われる身となるだろう。

ちょうど2020年代に収まる形になりそうだ。


昨年離婚し、家庭を支える大黒柱としての義務から解放された今、人生の店じまいの準備を始めたいと思う。

自分が今までに得てきたものを棚卸しして、何かの形にまとめておきたい。

いわば、人生の総決算である。


正直言えば「あれをやりたい、これをやりたい」という意欲はまだまだある。

だが精神と身体がついてこないし、何より若い人の邪魔になるだけだろう。

そういう意欲は人生の総決算につぎ込んだ方がいい。


2020年代は人生の総決算。

今の自分はもはや燃えカスだが、それでも最後の残り火を燃やして総決算に取り組みたい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください