LINEで送る
Pocket

 

今日は、車中・杭州・上海編をお送りします。13日夜、硬座に飛び乗って、上海までの二泊三日の道のりを旅しました。ちょうど中原を横断する形になります。堅い座席で、二泊はきつかったですね。

相席の学生は、こちらが日本人だと知ると、日本の戦国武将の話題を持ちかけてきました。彼は織田・豊臣・徳川や武田・上杉は言うに及ばず、毛利の家臣団の「両川」や立花道雪まで知ってました。なんでそんなに詳しいのか聞いてみると、ゲーム「信長の野望」が好きで、それがきっかけで日本の歴史に関心をもつようになったとか。
そのあと、ちょうど時期的に靖国や戦争の話題になったときも、戦前の軍人や政治家の名前を次々と挙げて、その政策や人となりについて理路整然と論じてました。
他の相席の人も、あくまで礼儀正しく、根拠を挙げて靖国を批判してきました。

「あんたらにとっては偉大な先輩だろうけど、我々にとっては侵略者なんですよ。それはわかって下さいね」。

この言葉が非常に印象に残っています。

 

 私も、日本史や戦争に関する知識を総動員して、応戦しましたが、彼らの知識の豊富さに圧倒されそうでした。私は「戦争はこっちが悪かったが、そのことで全ての日本人が生まれながらの殺人鬼だとは思わないでくれ」と言いたかったのですが、うまく伝わったかどうか自信がありません。

あらためて、自分の不勉強さを思い知りました。

ただ、こういう議論ならむしろ大歓迎なんですよね。この国では、こういう冷静な議論を仕掛けてくる人は残念ながら少数派ですな。
そのあとは、ひまわりの種やリンゴを食べながら、まわりのみんなでサッカー談義。アジアカップの総括やジーコ采配の評価で大いに盛り上がりました。

 おかげで床はほとんどゴミ箱をひっくりかえしたような状態(笑)

そして15日の早朝、やっと上海に。上海に着く前、車窓から見える水田やクリークを見て、江南にやってきたことを実感。

しかし、上海は遠かった。行けども行けども大平原。「中原に鹿を逐う」と言いますが、こんな広い場所で鹿を逐っていた英雄豪傑のみなさんはさぞかし大変だったろうなと思いました。

 

 

15日朝7時前に上海駅に到着、その後、あっちこっち歩き回って、杭州行きの長距離バスを探しあてました。

しかし、これがなかなか出発しない!

最初は「7時15分発」と言っていたのが、「7時40分発」、最終的に「8時半発」になりました。客のおばちゃんが運転手に文句言ったら、彼が一言「差不多」(そんなに変わらんやん)。私は心の中で「またかいな」とつぶやいていました。

中国では、この「差不多(cha4buduo1)」がいつでも、どこでも、あらゆる場面で聞けます。

さて、バスは結局8時15分ごろ出発(お客が一杯になったので)、途中事故渋滞に巻き込まれながら、約3時間で杭州着。安宿にチェックインしたあと、バスで西湖へ。その日は蘇堤や雷峰塔を観光。

16日は、遊覧船で西湖の色々な場所を見て回りました。どこを見渡しても絵のように美しく、観光客はみな写真を取りまくっていました。望遠レンズつきカメラを携帯している人も目立ちました。

まさに、蘇軾の詩にある

 

水光瀲艷として晴れて方(まさ)に好く山色空濛として雨も亦た奇なり
西湖を把(と)りて西子に比せんと欲すれば 淡粧濃抹総て相宣し

 

の通り。どこを取っても美しい湖でした。

西湖の遊覧を終えた後、あの岳飛の廟である岳王廟を見に行きました。秦檜(と彼の妻)の像が岳飛の塚の前でひざまずいているのを見て、中国人の「漢奸」へのすさまじい怨念を感じました。

実は私、女真・満洲族専攻のくせに岳飛の大ファンでして、学生時代には「おのれ秦檜許すまじ!」と言って、宋代史専攻の学生と論争になってたんですが…、この像を見て、さすがに「なにもそこまでしなくても」って思いました。

(ただ、うちの大学の満洲・モンゴル族の学生に聞いてみると、やっぱり岳飛に対しては複雑な思いを持っているようで…)

 

その後、西泠印社と浙江省博物館を見学。なんと両館とも無料開放!特に西泠印社は篆刻や書画の名品を数多く展示しており、自然の地形を巧みに利用した庭園も美しかったですね。書道の好きな方にぜひお勧めです。

17日、バスで再び上海へ。バンド周辺を見て回り、18日午前中、あの東方明珠に登りました(100元)。

上海の発展ぶりはすごいです。もう神戸・大阪と変わりません。ただ、浦東の建築のセンスは、なんとなく「ブレードランナー」のロサンゼルスを思い起こさせますね…。

しかし、長居しすぎて午後の飛行機に乗り遅れそうになったので、リニアに乗って空港へ。ただ、リニアは料金片道50元(往復80元)で、空港バスの2,3倍とかなり割高なので席はガラガラでした(実際、大赤字らしい)。

しかし結局間に合わず、夜の飛行機で瀋陽へ。

瀋陽空港では、西安から送った荷物を駅に受け取りにいくため、タクシーに乗りましたが、日本語なまりの「普通話」を話したので、少しぼられました。それを教訓に、駅から家に帰るとき、三輪タクシーと瀋陽方言で交渉すると途端に相場より安くなりました。

 

やっぱり、中国では常にぼられることを警戒しないとだめですな。

 

(この部分は游戏人生 様の指摘を受け、書き直しました。どうもすみません)