LINEで送る
Pocket

 

百元籠羊『オタ中国人の憂鬱――怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力――』武田ランダムハウスジャパン、2011年

 

 本書は中国のアニメ・オタク文化関連の掲示板を翻訳している「『日中文化交流』と書いてオタ活動と読む」の内容に加筆し、一冊にまとめたもの。

 カバー表紙と裏表紙は、それぞれ中国人の日本人への蔑称である「小日本」と「日本鬼子」を萌え擬人化した「小日本(こひのもと)」と「日本鬼子(ひのもとおにこ)」のイラストが掲載(後述)。

 本書の冒頭「はじめに 『オタク』が日本を救う!?」では、面白いエピソードが取り上げられている。著者が催した日中学生交流会で、日本側は中国の文化や「歴史問題」について話すつもりだったが、中国側は日本のアニメ・漫画・ゲームについての話題ばかりだったという。

 中には「日本には三種の神器ってものがあるんだよね!それはスク水!ブルマ!セーラー服という三つが!」などという発言をする者さえいたとかw

 中国の若者への日本のオタクコンテンツの影響はことほどさように大きい。

 これは、私自身の体験とも一致する。私も留学中、多くの中国人学生と知り合ったが、こちらが中国史や中国文化の話題を振っても反応が鈍かったのに対し、日本アニメ・漫画などオタクコンテンツについては非常に熱心に質問してきた。

 そして、著者は、中国の若者の日本への反感は感情的なものが大きいので、理屈や話し合いでどうにかなるようなものではないと指摘した上で、「しかし、そんな彼らとも『話ができる』『日本への反感を抜きにしてやり取りできる』貴重なジャンルが日本発のアニメや漫画など、日本で言うところのオタク系コンテンツです」としている。これは本書全体を貫くテーマとなっている。

 本書は全四章構成となっている。

 第一章「オタ中国人的『名作』」・第二章「オタ中国人的『古典』」では、オタ中国人(オタク中国人)に大きな影響を与えた「名作」・「古典」作品と、オタ中国人の作品への感想を紹介している。そこからは、我々と同じく作品に熱中し、一喜一憂する等身大の人間、中国の「おまいら」の姿が見出せるだろう。 

 面白かったのは、オタ中国人の「実物大ガンダム」への反応、「ヘタリア」同人活動の紹介や「北斗の拳」・「聖闘士星矢」・「SLAM DUNK」・「ときめきメモリアル」へのオタ中国人の熱烈な思い入れだった。
 
 なお、第一章・第二章では、有名作品の中国語名も紹介されているので、中国人との話のネタにも使えるだろう。

 第二章・第三章の中間には「オタ中国人増殖の背景」という書き下ろしコラムが挿入され、オタ中国人増殖の背景、中国人の学生生活、海賊版などについて、懇切丁寧に解説している。

 一方、第三章「オタ中国人が直面する『日本と中国の違い』」、第四章「オタ中国人が困惑する『オタク文化』」では、中国オタクの日本文化への疑問・困惑、日本オタク文化との相違点について紹介している。特に、日本の「男の娘」ジャンルが中国で独自の発展を遂げた「偽娘」は注目に価する。

 オタ中国人は日本文化についてはかなりの知識を有し、オタ日本人との共通点も多いが、それでも両国の文化や国情の違いからくる疑問・困惑が生じていること、「偽娘」のような中国独自の展開も見られることも見逃してはならない。

 「おわりに『日本鬼子』オタ中国人への侵攻開始」では、最近の日中間のゴタゴタや「小日本(こひのもと)」と「日本鬼子(ひのもとおにこ)」への中国オタクの戸惑いを紹介。これは、本書でも説明されているように、「小日本」と「日本鬼子」を萌えキャラ化することによって、蔑称とは別の概念を与えようというネット上のプロジェクトであり、派生キャラもどんどん生まれているという。

 そして、今までにない「反撃」をされたオタ中国人の戸惑いについても掲載している。

 著者は、最後に以下のように主張している。

 日本と中国は、共に漢字を使っていたり文化の影響が見て取れたりすることから、全く関係ないように見える他の外国と比べて、お互い何となく「知ってるつもり、理解できているつもり」になれてしまいます。しかしやはり、別の国、別の文化ですから基本的には異なっていて、理解するには難しい所が多い相手です。
 交通手段や情報伝達手段などの発展や交流活動により、昔に比べていろいろな意味で日本と中国の距離は近づいてきています。もうそろそろ、共通点から始めて「理解したつもり」「理解できる、理解してもらえる」といった考えで付き合うのではなく、「分からない」「理解できない」というのを前提に、その中でどうにか少しでも「通じる」ことを探す方が現実的なのではないでしょうか。
 

 これには全面的に賛同したい。自分も日中間のすれ違いの原因として、「理解したつもり」「理解できる、理解してもらえる」という考えがあるとつねづね感じてきたからだ。ネットやリアルでの日中間の叩き合いを観察していると、行間から「なんでこんなことも分からないんだ?なんで分かってくれないんだ?」という焦りと戸惑いが読み取れることがままある。

 そして著者はそうした中で、比較的通じやすいネタとしてオタク関係のネタがあると指摘して本書の結びとしている。

  以上のように、本書を読めば、オタクコンテンツが今や日中文化交流において非常に大きな役割を果たしていることがわかる。本書はオタクコンテンツによる日中文化交流を概観する上で非常に役立つ。
 中国の現状と日本のオタク文化の双方に精通する著者ならではの好著といえる。本文も200ページちょっとで手短にまとまっているので、気軽に読んでみてほしい。

 

追記:記事冒頭にアマゾンの商品リンクを貼りました。
(2015.1.22)