LINEで送る
Pocket

 瀋陽故宮を見終わった後、撫近門(通称「大東門」)まで歩き、バスに乗って東塔へ。

東塔園入口文物保護単位
東塔園入口              文物保護単位の表札

 東塔は護国永華寺(東寺)というチベット仏教寺院の塔。
 護国永華寺は、清代初期の勅建チベット仏教寺院である盛京四寺、すなわち護国法輪寺(北寺)、護国永華寺(東寺)、護国広慈寺(南寺)、護国延寿寺(西寺)の一つだった。盛京四寺は盛京城(瀋陽)を取り囲むように建立され、それぞれ白塔を有し、北塔、東塔、南塔、西塔と呼ばれている。

 盛京四寺は日露戦争の戦火により一部破壊され、さらに文革で壊滅的な打撃を受けた。

 護国永華寺は現在は「東塔園」という公園となっており、寺院としては機能していないようだった。塔の周りにはチベット仏教のタルチョ(経文が印刷された祈祷旗)が見られた。

東塔
東塔
ラインと矢印祈祷方法等
塔の周りにラインが引いてある     祈祷方法について
矢印は参拝時に回る方向を示している

塔南側塔東側
塔付近の風景 タルチョが見られる