「個人の救済は勉強だ」

LINEで送る
Pocket

「世間が面白くない時は勉強にかぎる。失業の救済はどうするか知らないが個人の救済は勉強だ」

これは稀代のドイツ語学者、関口存男(1894年~1958年)の言葉とのこと。

ネットでこの言葉を知り、大いに励まされた。


自分も最近いろいろなことで疲弊しているし、世間も面白くないニュースばかり。

だがこういう時こそしっかりと勉強したい。


自分や世間がどうなろうと、自分が学んだ知識やスキルが無くなることはない。

貧乏暇なしというやつで、なかなか時間が取れないけど、今年は何かを身につけたい。何か資格を取りたい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください